カテゴリ:
        2019.12.22 高校駅伝男子スタート直後


 

 全国高等学校駅伝競走大会(男子第70回 女子第31回)が令和元年1222日(日)
に開催されました。スタートとフィニッシュは、たけびしスタジアム京都 (西京極
総合運動公園陸上競技場)、走る距離は男子42.195km(7区間)、女子21.097km
(5区間)です。男子は第70回記念大会のため、各都道府県の代表47校に加え、
各地区の代表校11校の合計58校が参加しました。


 本駅伝は、これまではテレビで観ていましたが、昨年は初めて沿道で応援いたし
ました。郷里の代表校選手がすぐ目の前を走りすぎるとき、高校名を叫んで
「頑張れ!」と叫ぶと、選手の顔が一瞬こちらを向き目が合いました。どの選手の
ひたむきな姿に胸が熱くしましたので、今年は初めてスタジアムで観戦した次第
です。


 到着時は、女子選手がスタートしたあと、各中継点に向かう男子選手が区間
毎に紹介されているときで、この場面は初めて見ました(テレビで放映されること
はなかったと思います)。
程なく女子選手が競技場に戻ってきましたが、トラック
の中でも一つでも順位を上げよう、また少しでも良いタイムでゴールしようという
意気込みで、皆最後まで力走していました。47校目の選手には、ひときわ大きな
拍手が湧きました。


 男子選手のスタート(写真)に声援を送った後、選手の中から様々な駅伝や
オリンピックでも活躍する選手が出てくることを念じながら、競技場を離れました。
寒さが堪えたので、後は自宅でテレビ観戦でした。

 「kokoka 日本語チューターブログ」201812月3日掲載の「師走(しわす)
の京都— 走(はし)るのは・・・?」
も是非合わせてお読みください。

                〈kokoka 日本語チューターブログチーム〉