カテゴリ

カテゴリ:日本語クラス活動

【日本語チューター】「私にも日本語チューターできますか」

カテゴリ:
ブログ用

「日本語チューターをしてみませんか?」とお誘いすると、大抵言われる言葉です。私は必ず言います。「できますよ。そしてきっと、やってよかった!と、思われますよ。」と。日本語チューターは、実は身近な活動なのです。

まず、時間割は90分授業が週に13クラスあり、午前、午後、夜の区分から、負担のない曜日と時間を選ぶことができます。

 でも、教え方がわからない!ごもっともです。しかし、ご安心下さい。自由に使える各種教材が揃えられており、教え方をレクチャーしたDVDもあります。初めのうちは先輩チューターとペアになるのも良いでしょう。授業後のミーティングでの意見交換も役に立つはずです。

 では、授業のイメージは?学習者のレベルや希望する学習内容はそれぞれ異なります。テキストを使っての文法学習を希望するケースは一定数ありながらも、全体としては会話を磨きたい方の割合が多いと言えます。その会話も、教科書的なトピックに止まらず、子供の学校の話題、仕事、文化、遊び、各国事情等、極めて多様です。そしてここに、多くの個性豊かなチューターが求められる理由があるのです。仕事に打ち込んできたこと、子育てをしたこと、趣味があること、若いこと、年を重ねていること、そんな自分にとっての「当たり前」が、即、チューターとしての強みになるのです。

 教えて行く中で、却ってこちらが学ばされることは少なくありません。また、最初は緊張で震えていたのが、いつの間にか肚が据わり、少々のことでは動じなくなります。そして何時しか、「私にもできますか」から「私だからできる授業」をするようになっていることに気が付くでしょう。

 次はあなたが、私たちと一緒にそんな体験をしてみませんか?

kokoka日本語クラスコーディネーター 豊福伸幸



【日本語チューター】にほんごクラスはお休み中です【2月7日まで】

カテゴリ:
kokoka1Fview

kokoka京都市きょうとし国際こくさい交流こうりゅう会館かいかん、ボランティアによる日本語にほんごクラスは、1がつ14にちからおやすみしています。  午前ごぜん午後ごごよる特別とくべつクラス、全部ぜんぶやすみです。
また、会館かいかん開館かいかん時間じかんも、1がつ19にちからよる8までに変更へんこうになりました。
どちらも2がつにちまでの予定よていです。(緊急事態きんきゅうじたい宣言せんげん期間きかんちゅうです)


日本語にほんごチューターは新型しんがたコロナ感染症かんせんしょう対策たいさくをしながらクラスをつづけてきましたが、2020ねんがつ28にちから6がつ18にちまではおやすみしました。
やすみのあとみつにならないようにボランティアルームのほか、kokoPlaza(図書室としょしつ)や1かいロビーも使つかえるようになりました。

たとえば木曜日もくようびよるはロビーでクラスをしました。
ロビーのテーブルやソファーせきみつにならないようにかれています。
木曜日もくようびよる平均的へいきんてきなグループの人数にんずうはチューター1人ひとり学習者がくしゅうしゃ2人ふたりくらいです。
マスクをして、ゆったりはなれてすわってクラスをしました。

いまは、二度目にどめのおやすみです。
がつにまたみなさんと元気げんきにクラスができるよう、コロナ対策たいさくけてごしましょう!

今後こんご予定よていはkokokaのHPをてください。
最新さいしん情報じょうほうhttps://www.kcif.or.jp/web/jp/news/
ボランティアによる日本語にほんごクラス:https://www.kcif.or.jp/web/jp/classes/japaneseclasses/
ボランティアブログの更新こうしん自動じどうることができます。
【日本語チューター】LINEでブログを読者登録


写真しゃしんは2021/1/15の様子ようすです。kokokaの職員しょくいんっていただきました。ありがとうございました。左上ひだりうえ日本語にほんごクラス受付うけつけ 右上みぎうえ会館かいかんいりぐちアルコール消毒しょうどく した:1かいロビー

kokoka日本語にほんごチューターブログチーム

【日本語チューター】コロンビア便り−第9報−

カテゴリ:


          2020.10.29 コロンビア教科書1

 今年も残り少なくなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、今回は日本語学習の教材について少しご紹介したいと思います。写真の教材は、今年の2月に開催されたボゴタ日本人学校のバザーで購入したひらがなとカタカナの練習帳です。50音を覚えるためのイラストがポイントになっており、少々強引ですが50音それぞれに関連づけたイラストとスペイン語の説明が載っています。カタカナの「マ」のイラストは手提げカバンの取っ手が「マ」の形にしてあります。スペイン語で書かれた覚え方のヒントには「“マ”は手提げカバンの取っ手」と書いてあります。スペイン語で手提げカバンはmaletín(マレティン)、取っ手は“manija(マニハ)と言います。ただ単に50音表で覚えるよりは、発音も一緒に覚えやすいのかもしれませんね。日本語の教材(『みんなの日本語』等)は書店での取り扱いはほとんどなく、以前はコピーのコピーが主流のようでした。今ではネットで購入が可能になり、手に入りやすくなっています。ひらがな、カタカナの練習帳は写真で紹介したタイプの様に、スペイン語圏で独自に作られたものが使われることが多いですね。まだまだ世界中に、現地の人が覚えやすい教材があるのかもしれませんね! Kokokaで集めてみると面白そうですね!

前・水曜午前クラスチュ 武  

【日本語チューター】日本語クラス開始のお知らせ

カテゴリ:
             kouyou_engawa_couple

 kokoka日本語クラスの夏休(なつやす)みは8月31日で終(お)わり、

9月1日(火)から新学期(しんがっき)が始まります。まだ暑(あつ)い

日が続(つづ)きますが、健康(けんこう)に気(き)をつけて、元気

(げんき)にクラスにきてください。 

 チューターも、学習者(がくしゅうしゃ)の皆(みな)さんと一緒

(いっしょ)に、日本語が勉強(べんきょう)できるのを、楽(たの)

しみにしています。

 クラスでは、夏休みに体験(たいけん)したことを皆さんに話(はな)

してください。

 

       Kokoka日本語チューターブログチーム      

カテゴリ:
kokoka日本語クラスのチューターで活動されていた武島さんは現在コロンビアにおいでです。
不定期に「コロンビア便り」と題して現地の様子をお知らせ下さっています。今回はコロナの話題です。

コロンビア便り -第8報-(2020年7月13日)

 皆様いかがお過ごしでしょうか。前回のコロンビア便りではのんきに年越しの話題を書きましたが、わずかな期間に世界はすっかり変わってしまいました。そこで今回は、コロンビアでのコロナ禍の生活についてお知らせしようと思います。

 こちらで強制自宅待機措置が始まったのは3月20日(金)でした。最初は強制自宅待機の訓練期間として3月23日(月・祝日)までの予定でした。それでもスーパーには買い物客が殺到し、米や豆、パスタ等の日持ちする食品は売り切れ続出でした。そして訓練期間のはずが、4月12日まで延長になり、本当の強制自宅待機へと変更になりました。その後もさらに延長、また延長で7月現在も継続中です。でも、もし最初から“4月12日まで自宅待機”と発表されていたなら、もっと大混乱になっていたでしょうし、状況をみて延長したのは正解だと思います。

 この間、下記のようないろいろな対策がとられました。
  • 性別によって偶数日と奇数日で外出日を分ける
  • 高齢者は開店1時間の間に優先的に入店できる
  • 入店はひと家族1名のみ
  • 犬の散歩は一回30分程度OK
  • 運動のための外出は1時間以内自宅から1km以内
  • 子供の外出は1日30分以内、週に3回まで
  • 許可なく市外への移動禁止
  • 市バスの運行本数減以上が過去に実施された対策の一部です。

 現在は「IDカードの末尾の数字によって偶数日と奇数日で外出日を分ける」措置がとられ、入店時は検温と手や靴の消毒がされています。飲食店はデリバリーかテイクアウトのみ許可です。

 そんな中、住宅街に様々なジャンルのバンドがライブ音楽を演奏して回り、アパートの窓からは拍手や感謝の言葉、リクエストの声が響き渡ります。お金だけでなく食べ物も窓からバンドたちに渡されます。ベランダで踊りだすお年寄りもいました。

 この数ヶ月間、自宅に篭りつつ日本とはまた違ったコロナ禍を過ごしています。いつか『あの時は大変やったなぁ』と、言える日が来るのでしょうか。コロンビアでは感染者は増加している状況です。まだまだ先は見えませんが、感染予防に留意しながらも、何か小さな楽しみを見つけられたら…と、思います。


水曜午前クラスチューター 武島 聡美

武島さんありがとうございました!この記事は7月に寄稿されました。これまでの記事はタグで検索できます。初回から第4報までは旧ブログでの連載でした。このブログ内で読めるように作業中です。しばらくお待ちください。
kokoka日本語チューターブログチーム

【日本語チューター】ベトナム便り−2−文化紹介   学校での巻き寿司作り(2020年2月10日)

カテゴリ:

     

        2020.2.10 ベトナム組写真

 こちらベトナムでも、コロナウイルスの影響でテト(旧正月)の休暇の
あと、学校は2週間の休みになってしまいました。先日、休暇の前(1月)
に文化紹介で巻き寿司をしたので、ご紹介したいと思います。
 食べ物となれば真剣になる男子や、全てにおいて主婦レベルにこなせる
女子など・・。材料はグループごとに用意してもらいました。巻き簀を用意
したので、先にお手本で巻くのを見てもらってから、各グループで作って
もらいました。
 出来上がりを切ったあと、綺麗に盛り付けをし、品評もしました。ニンジン
を花の形に切っていたり、サラダも持参して来たり・・。食べ物の文化紹介
では普段の授業では見られない、みんなの色んな表情が見られました。
準備は大変ですが、楽しい時間を共有でき、生徒達の思い出に残る時間に
なっていてくれたらなぁ、と思います。  

           ベトナム・ダナン 橘 昭子(水曜午後チューター)

 
 

[日本語チューター]土曜午前クラスの紹介

カテゴリ:
            IMG_20200215_115951_20200222130903
土曜午前クラスは、入門、初級、中級、中上級の4つのレベルに分かれて活動しており、ほとんどのグループは会話を中心に様々なテーマですすめています。各々が準備をしてきたものや、クラスに置いてある教材を使ったりしてみんなが自由に授業をしております。会話中心のため、和気あいあいとした雰囲気で、時には笑い声が聞こえる等、明るい雰囲気のクラスです。
文法に関しては、希望のある方にはその都度対応しております。
クラス後は、その日の授業内容や気になったことを共有するため、30分ほどミーティングを行っております。
現在、土曜クラスの登録数は20名近くおりますが、今年度で辞められる方や、毎週参加できない方がいるため、来年度はチューターが不足してしまいますので、新しい方に参加していただきたいと思っております!
最近は入門者が増えているため、できればそのレベルに関しては、1対1を目指しております。みなさま、是非一緒に活動しませんか。一度見学にいらしてください。よろしくお願いします!!

kokoka日本語チューターブログチーム
---------------------------------------------------------------------

[日本語チューター]日曜午前「特別 日本語クラス」 

カテゴリ:

    日曜午前クラス イラスト2

「特別 日本語クラス」は、20194月に発足したまだ一年目の新しいクラスです。

若いクラスですが、チューターは経験豊富で、幅広い層の学習者に対応しています。

何が特別・・?

l  いままで他の12クラスでは受け入れていなかった、乳幼児連れの学習者小学生を受け入れています。

l  中・長期滞在者(実習生、学生、院生、研究者、就労者、日曜休日の人)などを対象に学習しています。 

 学習者を初・中・上級のグループに分け、チューターが1:1または複数人に対して学習を進めます。

 学習者は、用意される能力に応じた教材で学習します。或るグループでは、日常会話やニュース、京都の歴史や文化、行事などの学習をします。

一年経ったクラス内では、学習者間の交流も起こり、お互い励ましあい情報交換する中に自然に仲間意識が生まれ、強い絆も見られるようになりました。

 


kokoka日本語チューターブログチーム

カテゴリ:
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)予防のため日本語クラスはお休みしています。

2020年2月28日(金)から3月15日(日)までの予定です。再開の新しい情報はkokokaのHP(最新情報一覧)やFB, Twitterで確認してください。

みなさんもお子さんの学校がお休みになったり、いつもとちがう生活にとまどっていると思います。3月は試験や就職などみなさんとお話したいことが沢山ある時期なので、クラスのお休みはいっそう残念です。またみなさんとクラスで会う日まで正しい情報、新しい情報を確認して行動しましょう。


○新しくボランティアに参加予定の方へ
3月14日(土)に予定されていましたボランティア募集オリエンテーション「ボランティアデイ」は中止になりました。
これからも沢山の新しいボランティアの方と一緒に日本語クラスを運営したいと日本語チューター一同願っています。
今後のオリエンテーションの予定はkokokaのHP等でご確認ください。

kokoka日本語チューターブログチーム

【日本語チューター】コロンビア便り -第7報-

カテゴリ:


                    2020.1.7 コロンビア2

 新しい一年が始りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 この年末には初めての体験をしました。コロンビアの1231日には“Año Viejo”(アーニョ
ビエホ
)と言う行事があります。”Año”は年、”Viejo”は古いを意味し、端切れで作った人形
を燃やして一年の厄をはらいます。人形と一緒に、一年間でよくなかった事、忘れたい事を
書いた紙を燃やします。そして、来年叶えたい願いを別の紙に書き、財布に入れておきます。
人形の大きさは様々です。等身大の人形には爆竹を入れて燃やすので、騒々しいくらいです。
1231日の日付けが変わると同時に、あちらこちらで花火が上がり、とても賑やかに新年を
迎えます。日本の静かな年越しとは一味違いました。いずれにしても新しい年に希望を託す
心は同じですね。
 写真左 クッキー缶に入るぐらいの大きさの人形
 写真右 人形を燃やしています(環境に優しい素材)

 さて、日本語の勉強についてですが、今は『みんなの日本語』初級第6課をやっています。
第5課から動詞が出てきましたが、動詞に力を入れると、時間の表現(今週、先月、来年等)
や名詞(物の名前)を忘れがちになります。そこで、「次回はミニテストをします」と言った
ところ、生徒さんはとても身構えてしまいました。こちらとしては気軽な気持ちだっただけ
に、ちょっと驚きましたが、急遽、単語カードを作り「ゲーム、ゲーム!クイズだよ!」と
言うと、途端にやる気になりました。とにかく続けられることをモットーに、今年も試行錯誤
の一年になりそうです。

 皆様にとって楽しい一年になりますように。

                        水曜午前チューター 武島 聡美

このページのトップヘ

見出し画像
×