カテゴリ

カテゴリ:京都案内倶楽部

【京都案内倶楽部】妙心寺紅葉ツアー

カテゴリ:

妙心寺紅葉ツアー

                                

blog_page-0001 (1)




コロナ騒ぎが起こってから、京都案内倶楽部では本格的なツアーは自粛していましたが、今回久しぶりに実施しました。

しかも参加人数が40数名になるというビッグイベントになりました。


1200JR花園駅に集合。いままでのツアーと異なることは、検温および手の消毒を実施したこと。マスクはもちろん全員着用です。

駅前広場は広々としており、検温、受付、料金徴収するのに十分なスペースがありました。

予定通り、9:30には妙心寺塔頭の退蔵院へ出発。

退蔵院では副住職が聞き取りやすい日本語と、滑らかな英語で説明していただきました。

まずは国宝の掛軸「瓢鮎図」の説明から。


一人の男が川岸で瓢箪を持って佇んでおり、足元には鯰が泳いでいる。

背景には水墨画独特の山がそびえている。この絵、確か高校時代、社会かなにかの教科書で見たことがあるような気が・・・。

この絵が貴重であるのは、日本最古の水墨画であることは勿論のこと、命題が「(口の狭い)瓢箪で、大きな鯰を捕まえることができるか?」という典型的な禅問答のそれであること。

将軍が命題を出し、当時の超エリートの高僧がそれに回答する、ある意味、非常な高尚な趣味ですね。 

今の私たちからみれば、社会のトップ層がこんなことをしているなんて「暇だな~」と、思えなくもないが。

絵の上部に31人の高僧の答えが書き連ねてある。その内の2つを紹介してくれましたが、
「この答は何を言いたいのか???」と思ってしまう。

副住職の説明では、“答えはない”。

その後に庭を散策中に、中国の参加者が倶楽部メンバー員に、「結局、答えはなんですか?」
と質問していました。その質問をしたくなる気持ちは分かる。ウン、ウン。


掛軸の後は、中庭、茶室、庭園と案内されました。

退蔵院といえば、宮本武蔵と思っていましたが、終わりまでその手の話は無し。

外国人に武蔵といっても、分からないからかナ~?

約1時間のツアーの後、妙心寺境内を散策。その後、成願寺へ向かう。


徒歩で約15分の所にあり。今回ツアーを企画してくれたM氏の実家でもある。

本堂で、M氏の日本語と英語によるお寺説明の後、昼食を取りました。

太鼓をたたいたり、鐘をついたり、三々五々に境内を散策、その後、全員で記念写真。

13:00に解散しました。


当日は朝から幾分温度低めの快晴で、快適な1日となりました。

久しぶりの大型ツアーであり、またM氏は京都案内倶楽部に参加した直後にこの企画を

たてて、大変苦労されたのではないでしょうか。有難うございました。

今回は、人数が多くて、集合時の員数確認、一般道を移動時する時の安全確保など通常より

気を遣うことが多かったように思います。

下見ツアーや、当日サポートして頂いた方々、ご苦労様でした。


以上

(記:楢﨑)





【京都案内倶楽部】貴船と鞍馬の散歩

カテゴリ:
貴船鞍馬ハイキング(2020年9月27日)

4月からのコロナ騒ぎで、活動を自粛してきた中、久しぶりにツアーを実施しました。
貴船から鞍馬山を越えて鞍馬駅までのハイキングです。
叡電出町柳駅に集合、9:30分の電車に乗車。
参加者25名。(外国人17名、倶楽部員8人)
市原駅でバスに乗り換えバス停「貴船」へ向かいました。
1台では全員は乗り切れず5人ほどは次のバスに乗ることに。
自粛が一番ひどかった5月頃にくらべると観光客が少しは戻ってきたのでしょうか。

blog
10:30 ①バス停「貴船」から、まずは②貴船神社へ。
ここで貴船神社の読み方について「きふね」なのか「きぶね」なのか訊かれましたが、わかりませんでした。帰ってから調べてみると、貴船神社は水の神様なので、濁りをきらう、それで「きふね」神社が正しい。ただし、地名は「きぶね」のままで。う~~ん、混乱するな~。

神社境内で30分ほど散策した後、さらに③結社(中宮)から④奥宮へ進んでいきました。
そこへ至る道は狭くて、歩行者と車が、ごったがえした状態になっていました。

④奥宮で昼ご飯。下見の時は、ここではなく少し離れた河原で食べる予定にしていたのですが、本番ではいつの間にか外国人参加者が座って食べ始めて、なし崩し的に昼ご飯に突入してしまいました。

昼休憩の後、いままで来た道を戻るかたちで⑤登山口へ向かいました。

⑤登山口からの約30分間の坂は非常に急で、かなり体力を消耗しました。

⑥木の根道では写真撮影大会となりました。

14:00 ⑦本殿到着。
前庭に、パワースポットのマークがあったので、みんなでパワーを頂きました。
パワーは地面から来るとばかり思っていましたが、写真のようなパフォーマンスを見ると、空から来てるのかもしれないし、意外とこちらのほうが正しい(楽しい)方法かも・・・?

最後に、⑧由岐神社へ足を進める。
ここで、ヴァシリスさんから日本の、特に室町時代について説明を受けました。
簡潔で分かりやすかった。

15:30 ⑨鞍馬駅に全員無事に到着。ここで現地解散としました。
一部の人は鞍馬温泉まで足をのばすことになりました。

今日は途中、結社(内宮)で小雨に遭いましたが、その他はいい天気に恵まれました。
また全般的に混雑状態では無かったため、皆さん、気持ちよく過ごせたのではないでしょうか。 
計画して頂いた町野様、各神社の説明をして頂いた方、医療サポートしてくださった方など、有難うございました。

(記録:楢﨑)


【京都案内倶楽部】森へ行こう!

カテゴリ:
0043_xlarge
12/8 待望の「森へ行こう」が実施されました。
昨年は雨だったので中止となり、やむなくあきらめたことを思い出しました。
こんな貴重な体験を、もっと暖かい時期に…と思いましたが、スズメバチ対策と聞いて納得しました。今年は程よいお天気に感謝!

伏見にある「桃陽病院」の裏手に、森の樹木を保護・整備しつつ、一般の人々が自然を楽しめる工夫を重ねておられる「みどりの会」のボランティアのお世話になりました。

まずはベテラン隊長F氏の計画に基づき、森の散策。
まあ、いま民家のそばを通って上がって来たのに!
こんな近いところに森があるなんて考えられず、サバイバルの練習には持ってこいだと思いました。
椎茸が栽培されていたり、まっ赤になった野イチゴを摘んだり食べたり、一番びっくりしたのは、土の中のカブトムシの幼虫を見せてもらったこと! 沢山の落葉の上を踏んで歩き回りました。
 
次は力仕事で、大きな倒木を斧で割って薪づくり。
なかなかの体力と集中力が必要なことが分かり、怪我をしないように正しい姿勢で立ち向かう大切さを学びました。自分の腕力を試す良いチャンスでした。

昼ご飯の時間になり、メンバーにより用意された「サバイバルランチ」。とは言え栄養満点、具だくさんの味噌汁とでっかいおにぎりをほおばって楽しみました。
さらにデザート?熾火で作った焼き芋もいただきながら、大きなカリンや夏みかん狩りに熱中するグループもあり、秋の終わりの紅葉も充分に楽しみました。

すっかりお腹も満足させて、北堀公園へ出発。伏見城の裏手から昔の足跡をたどりつつ、ゆっくり散策、伏見城本丸の悠々とした姿を間近に見ることができました。いつもはるか遠くに電車から小さく見るのと違って天守閣と二つ並んだ姿に「ええっ!」と驚きました。

ここで大切なアンケートを参加者の皆さんにお願いしました。

後はゆっくり丹波橋駅へ向かい、終わりの挨拶と2月の予告「2月11日(Feb. 11)Walking on the fire?火わたりの行」で終わりました。

これは余談ですが、今回もっとも印象的だったのは、二次会の喫茶店で聞いた、V氏の日本でのサバイバル生活です。彼のように日本で暮らす外国人の生活がどんなふうか良くわかりました。彼がツアーの中で、火起こし方法を熱心に説明される姿は、彼の日常を物語っていたんだということを理解しました。今回のツアーを通して、kokokaの一端を担うKGCの役割を実感しました。

貴重な体験をありがとうございました。

【京都案内倶楽部】だるま寺と京都アスニー(11/24)

カテゴリ:
0006_xlarge
11月24日、「歴史と文化にふれよう!」ツアーを開催しました。

天気予報では夕方から雨とのことでしたが、少し曇っただけでとても過ごしやすい1日でした。
JR円町駅で集合して、達磨寺→京都アスニーの順に回りました。

達磨寺の愛称で親しまれている「法輪寺」は、京都の西の方にあり、8千体もの奉納達磨が安置されている「達磨堂」をはじめ、境内の装飾品や建具・窓など、あちらこちらに達磨の形が使われていて、だるまさんを見つけるのが楽しくなるお寺でした。

ここでは、いけばなと茶道の日本文化体験をしました。

ご住職の奥様の御幸遠州流いけばなのデモンストレーションの後、参加者にもいけばなの体験をしていただきました。みなさんとても楽しそうでした。

茶道では、京都案内倶楽部のメンバーの実演を伴う説明で学んだ茶道マナーにしたがって、丁寧に抹茶をいただく参加者の姿が印象的でした。文化体験も終わり、参加者達は本堂のお庭の岩と苔に調和した美しい紅葉を眺めながらしばらく時間を過ごした後、次の目的地に向かいました。

次の目的地は、京都アスニーの「京都市平安京創生館」。館内では平安建都1200年を記念して制作された「平安京復元模型」の展示や平安京当時の建物などを3D画像で間近に見ることができる「バーチャル平安京」など、平安時代の暮らしと平安京を体感できる施設です。

ここでは、京都案内倶楽部のメンバーが「平安京復元模型」で平安当時と現在の位置関係などを説明し、京都の地形と歴史を紹介しました。

その後、平安時代の暮らしと文化体験コーナーで、十二単衣と束帯の体験をしました。

約3時間でしたが、参加者には普通は体験できない、日本文化体験がギュッと詰まったツアーで、文化に内在する価値や精神を感じとっていただけたと思います。

【京都案内倶楽部】BBQツアー(10/20実施)

カテゴリ:
0020_xlarge
台風19号が過ぎ去った後も、今ひとつはっきりしない天気が続いて心配していましたが、やはり当日は曇り空で始まりました。

9時にJR京都駅中央口に集合。
その後、参加者を先発グループ、後発グループに分けてJR北小松駅に向かいます。

私は先発グループで向かいました。
北小松駅に到着後、参加者から「1人行方不明」との申し出がありました。
「S子さんが電車に乗るところを見たが、降りた人の中にいない・・・。」
慌ててメンバーのNさんが後発グループへ連絡、かなり緊張した雰囲気になりましたが、S子さんは後発グループにいることが確認され、一件落着。
比良げんき村へ徒歩で向かいました。

かなり急な坂を15分ほど歩いた所に駐車場があり、またまた急な階段を上ったところに会場がありました。結構良い運動になりました。

そうこうしている内に、後発グループ、食料買い出しグループも到着。
開会挨拶の後、お肉を焼きはじめました。サンマが人気で、すぐに売り切れてしまいました。
お酒も完売御礼でした。

お腹が一杯になったところで、全員輪になって、お国の紹介に移りました。
日本、中国、アメリカ、ネパール・・・・etc.
中国からは中国語による詩吟も披露され、会場が大いに盛りあがりました。
最後に会場を掃除・挨拶の後、16時現地解散となりました。

早朝は少し曇り空でしたが、1日中晴天に恵まれ気持よく過ごすことが出来ました。
特に最近は晴天でも一時的に崩れることが多いだけに、ラッキーでした。

大人だけでなく、子ども達も隣の遊具で楽しく過ごせたと思います。
なお、企画・準備してくださったメンバーのみなさん、どうも有難うございました。

(記:楢﨑)

【京都案内倶楽部】ヤマト関西ゲートウェイと総持寺見学ツアー(先端物流システムと伝統の名刹)

カテゴリ:
0063_xlarge
0088_xlarge

皆さん、お早うございます。わたしはマスコット人形、白ねこのミー子。いつもカバンにぶら下がっています。9/29にkokokaでボランティアをしている、おじぃちゃんのお供でクロネコヤマトの関西ゲートウェイと、その近くにあるカメの恩返しで有名な、総持寺という古いお寺の見学に行ってきました。

10時すぎに早目のお昼ごはんを食べてから、京都駅には12時10分ごろに着きました。参加する外国の人たちは、台湾の人が6人、中国の人が5人、韓国の人が2人とアメリカのおじさんが1人で、合わせて14人でした。それと、お世話をするボランティアの人たちが14人とkokokaの職員さんが1人で15人、合わせて29人で出発で~す!

電車に30分くらい乗って、総持寺駅で降りてから、最初に関西ゲートウェイに行きました。高くて大きくて新しい建物で、一番上には街でよく見るクロちゃんのマークが付いているのが、とても小さくて、可愛くみえました。約2年前に完成したそうです。まだ、ホヤホヤ。

見学の前に、ボランティアのおじさんが日本語、英語、中国語で、挨拶をしました。そのあと、ヤマトの綺麗なお姉さんが2人で、みんなを2階の見学コースに連れて行ってくれました。ここではビデオを見ながら、この運送屋さんの歴史などの説明がありました。ことしの11月で100年目になるそうです。思わず、ニャーンとビックリしてしまいました。

これからが、荷物を行先別に分ける大切な所の見学です。たくさんの荷物がベルトに乗せられて次々にやってきます。スパイラルコンベアーと言うそうです。でも、わたしの想像よりはゆっくりだったので、ガイドのお姉さんに質問すると、1時間に9.7 kmの速さで、ちょうど自転車で走る位のスピードだそうです。これには木の枝のようにクロスベルトが付いていて、上の方からゆっくり荷物が近づいてくると、コンベアーの前ではセンサーが働いて、シューとスピードを上げながら、荷物の間に入って行くのです。また、急なカーブの所で荷物がずれると、また別のセンサーの働きでチャント真中に戻ります。とても面白くて、もっともっと、見ていたかったです。最後にお土産の文房具を貰って、クロちゃんとお姉さん2人にお別れです。バイバ~イ!

それから次に見学する、総持寺に向かいました。駅と同じ名前なので有名なお寺なのだと思っていました。おじぃちゃんが、
「ここは約1,100年前に建てられた高野山真言宗のお寺で、平安時代に藤原山陰というお公家さんが建て、ご本尊はカメにのった、千手観音菩薩様だけど、とても大切な仏さまなので、普段は拝めないんだよ。」
と教えてくれました。本堂の前に小さな池があって、きれいな鯉がゆっくり泳いでいます。話しに聞いていたカメがいなかったので、近くにいたお坊さんに聞いて、行ってみると右側のサクの向うにある小さな2つの岩の上で、カメさんたちが、日向ぼっこ。せまい所で、ちょっぴり可哀そう。

最後に、別のボランティアのおじさんから、お寺の伝説にまつわる話があり、続いて参加者を代表して、韓国のお兄さんとアメリカのおじさんが、ツアーの感想を話してくれました。2人ともニコニコと楽しそうだったので、わたしもすっかり嬉しくなってしまいました。

少し、むし暑くて汗もいっぱいかいたけど、とっても面白くて、楽しい日曜日になりました。
いろいろ準備をしてくださったボランティアの皆さ~ん、本当にありがとうございました。

【京都案内倶楽部】英語で落語 

カテゴリ:
0031_xlarge
皆さんは日本の伝統芸能「落語」を聞いたことがありますか。
私たちは6月16日(日)、笑笑亭(らふらふてい)英語落語クラブによる「英語落語」を楽しみました。

会場は京都の繁華街「新京極」の中心にある誓願寺。誓願寺は飛鳥時代(7世紀)に開かれた歴史あるお寺で、五十五世策伝上人(さくでんしょうにん)の著書「醒睡笑」(せいすいしょう)が後に落語のもとになったことから、落語発祥の地と言われています。24名の外国人を始め、100名を超えるお客様でいっぱいになり、用意した椅子が足りなくなる程の盛況ぶりでした。

最初に、落語の起源や特色の説明がありました。見る人の想像力がとても大切であることや、どんなふうに一人で多くの人物やその動作を演じ分けるかをユーモアたっぷりに示されたおかげで、自然に英語の落語の世界に入っていくことができました。

プログラムは前半に3つ:「書割盗人」「時うどん」「夏の医者」、そして南京玉すだれの実演「世界一周」をはさんで、後半に3つの演目:「面接試験」「代書屋」「魔法のほうじ茶」ありました。

バラエティに富んだプログラムで、だれもが理解して楽しめるように工夫されていて、落語の魅力を体感できました。あれだけの内容を自分のものにして演じている笑笑亭の皆さんは本当にすごいなあと思いました。英語で「落ち」(punchline)がわかるとうれしかったです。最後に落語体験のワークショップがあり、会場から外国の女性と男性がひとりずつ舞台に上がって笑笑亭の方と一緒に落語を実演、その熱演ぶりに会場は大盛り上がりで、梅雨空を吹き飛ばす笑いにあふれた会になりました。

(文責 中島)

【京都案内倶楽部】竹林公園散策&長岡京見学

カテゴリ:
0020_xlarge

こんにちは。インターン生のヤウです。 

5/12(日)、京都案内倶楽部の「竹林公園散策&長岡京見学」に参加しました^^
参加者とメンバー合計30人で、竹の道で美しい景色を楽しみました。
この写真はそこで撮ったものです。
さらに、洛西竹林公園では120年に一度という、マダケの花を観賞できました!


さて、向日市にはかつて長岡京という都がありました。
向日市資料館では長岡京の歴史を学ぶことができます。
長岡京は平安京よりも古く、桓武天皇の命によって奈良の平城京から遷された都です。
平安京ほど有名ではないですが、さまざまな重要文化財があります。
歴史も感じられますし、美しい風景も満喫できますので、皆さんもぜひ行ってみてください^^

【京都案内倶楽部】絹・絹・絹 絹の世界

カテゴリ:
IMG_4071(2)
IMG_4088
4/7午後、嵐電四条大宮駅に集合し、宇多野にある伊豆蔵明彦氏の工房兼アトリエである「絲藝館(しげいかん)ワクムスビ」を訪れました。ワクムスビとは日本書紀に出てくる神様の名前で、神話ではその神様から蚕、桑、五穀が生まれたとされているそうです。

館内には草木染で染められた絹糸、ドレス、ストール、1万匹の繭から作られた球、引き延ばした繭から作られた球形の茶室などが展示されていました。ツアー企画者が伊豆蔵氏の経歴、芸術の特色などについて紹介し、制作風景と海外展覧会のビデオを見ました。

その中で5つの特色が上げられていました。

①草木染:雨水を使用、他のエネルギーを使わず太陽の熱だけで染める
②織る:西陣織を家業とする家に生まれ、彼の芸術の原点である
③組む:織物から広がり、組み紐技法を使って立体的な作品を作る。
④網む:編むのではない。フィンランドの漁網が魚にダメージを与えない作りであることに気づき、ほぼすべての人にフィットするドレスを作る
⑤絡める:現在一番熱心に研究され、その技法が展示の茶室の壁にも使われている。

その後、展示品の前でご本人から説明を聞き、屋外では雨水をためているところや染めの材料を見せてもらいました。滞在の間、作品の美しさや芸術への強い追究心に参加者たちの感嘆の声がたびたび上がりました。質問にも丁寧に答えて下さり、自然に拘る美しい作品に囲まれ、おいしいお茶を頂き、終始優しい時間が流れる中でツアーを終えました。

このページのトップヘ

見出し画像
×