カテゴリ:
漬物写真

梅雨(つゆ)の時期(じき)は、食品が腐(くさ)りやすいことから、6月(ろくがつ)のテーマに選(えら)びました。

各国(かっこく)の学習者(がくしゅうしゃ)から聞(き)き取(と)りしました「食品(しょくひん)の保存(ほぞん)」を紹介(しょうかい)いたします。

 

【カナダ】

 ・魚(さかな)を塩水(しおみず)に漬(つ)け、乾燥(かんそう)させて保存(ほぞん)
  する。

 ・鮭(さけ)をスモークサーモンにする。

 ・イヌイットは雪(ゆき)の中(なか)に埋(う)めて、保存する。

【中国(ちゅうごく)】

 ・上海(しゃんはい)では保存はほとんどなく、新鮮(しんせん)な物(もの)を買(か)

って、その日(ひ)に食(た)べる。

 ・鍋(なべ)の中(なか)に水(みず)を入(い)れて、肉(にく)、野菜(やさい)を

  そこに入れる。

【マレーシア】

 ・採(と)れたばかりの小(ちい)さいパパイアを酢(す)と砂糖(さとう)、塩(しお)

  に入(い)れて漬ける。(ピクルス)  

【台湾(たいわん)】

 ・肉(にく)、魚を塩に漬けて保存する。

【シンガポール】

 ・肉、フルーツ、なんでも乾燥させる。

【オランダ】

 ・ニシンのしっぽを塩で漬ける。

 ・きゅうりをビンに入れて漬ける。(ピクルス)

 

【チューターからのコメント】

 ・日本(にほん)とあまり変(か)わりなく、漬物(つけもの)にしたり、乾燥させた

りする保存方法(ほぞんほうほう)が多(おお)いと思(おも)われました。

 

kokoka日本語チューターブログチーム>