カテゴリ:

地蔵盆の写真トリミング

  京都の古(ふる)い町(まち)には、町内(ちょうない)ごとにお地蔵(じぞう)さん
が祀(まつ)られています。お地蔵さんは、民間信仰(みんかんしんこう)では道祖神
(どうそしん)としての性格(せいかく)を持(も)つとともに「こどもの守(まも)り神
(がみ)」として信(しん)じられてきました。

 地蔵盆祭(じぞうぼんさい)は、民間の伝承行事(でんしょうぎょうじ)で、京都の町
の風物詩(ふうぶつし)の一つになっていま
す。町内によって開催時期(かいさいじき)・
期間(きかん)、お祝(いわ)いする方法(ほうほう)は少(すこ)しずつ異(こと)なり
ますが、大体(だいたい)8月下旬(げじゅん)に開催(かいさい)されるところが多
(おお)いようです。
 この日には、お地蔵さんを祠(ほこら)から出(だ)し、集会場(しゅうかいじょう)
などに設(しつら)えられた祭壇(さいだん)に、新(あら)たにお化粧(けしょう)を施
(ほどこ)し、新(あたら)しい前掛(まえか)けを付(つ)けて祀ります。
会場
(かいじょう)のまわりには、参加(さんか)するこどもの健(すこ)やかな成長
(せいちょう)を願(ねが)ってその子の名前(なまえ)を記(しる)した提灯(ちょう
ちん)が飾(かざ)られます。
その前(まえ)にはお供(そな)えが並(なら)べられ、
祭壇の前(まえ)で、数珠回(じゅずまわ)しをしたり、こどもたちがあそんだり、お菓子
(かし)を食(た)べたりして楽(たの)しくすごします。
 
 少子高齢化(しょうしこうれいか)で町内のこどもは少(すく)なくても、遠方(えん
ぽう)に住(す)んでいる孫(まご)たちが帰省(きせい)し、参加(さんか)しますので、
お祭(まつ)りの時(とき)にはいっときの賑(にぎ)わいを見(み)せます。祭りが済
(す)むと、
昼間(ひるま)はまだ暑(あつ)くても、朝夕(あさゆう)は秋(あき)の
訪(おとず)れを感(かん)じさせます。

 

kokoka 日本語チューターブログチーム