カテゴリ:
Fushimi Inari Group Photo

7月22日京都案内倶楽部では夜の伏見稲荷大社を歩くツアー「Adventure Night Walk 」を実施しました。
当日は18名の外国人参加者とボランティア14名が集まりました。
当日は梅雨明けで天気が良く、少し蒸し暑い中19時前から歩き始めました。
歩き始めてすぐに大鳥居があります。
伏見稲荷大社はご存じの通り商売繁盛、五穀豊穣の神様です。そのため、大鳥居の前の狐(狐は神の使いとされています。)は稲庫の鍵を加えているそうです。他にも境内には稲穂などを加えた狐があります。
みんなで狐の説明を聞いた後、奥へと進んで行きました。そして、日暮れとともに千本鳥居と入って行きました。千本鳥居は寄付で立てられており、大きな鳥居と小さな鳥居があり、大きな鳥居は100万円以上したりしますが、小さな鳥居は20万円程度で立てられるそうです。高いのか安いのか...値段を知って皆さん思い思いにびっくりされていました。
だんだん暗くなり、ライトアップされてますが所々少し足元が心配なので、懐中電灯で足元をてらしながら慎重に進んでいくと、夜景の綺麗なスポットに到着です。元気な方も少し疲れた方もいらっしゃいましたが、眺めがよく綺麗な夜景が見れます。
写真撮影タイムとなりました。
そこから希望者は末廣大社まで歩き、ぐるっと40分ぐらい周りました。
山の方なのでクワガタもいました。虫の好きな方は大喜びされていました。
最後はみんなでまた大鳥居まで下っていきました。だいぶ歩いたので次の日筋肉痛になりそうですが、コロナ禍の中、いい運動と楽しい時間になりました。