カテゴリ:
今年の点火
              今年の点火場所

今年(ことし)もお(ぼん)時期(じき)になりました。お(ぼん)とはあの()にいる先祖(せんぞ)故人(こじん)(れい)がその(ひと)(いえ)(かえ)ってくるのをお(むか)えする仏教(ぶっきょう)(かんが)えに(もと)づいた宗教的(しゅうきょうてき)行事(ぎょうじ)です。かつてはそれぞれの(いえ)(むか)()()いて先祖(せんぞ)(れい)をお(むか)えして,(かえ)ってきた(れい)にお(そな)(もの)用意(ようい)して供養(くよう)した(あと)(ふたた)びあの()(かえ)れるように()()いて(おく)()しました。大文字(だいもんじ)はその(おく)()行事(ぎょうじ)の一つと(かんが)えられます。16日の(よる)になると大文字(だいもんじ)(はじ)めに妙法(みょうほう)舟形(ふながた)(ひだり)大文字(だいもんじ)鳥居形(とりいがた)(じゅん)(いつ)つの(やま)点火(てんか)された文字(もじ)(かたち)をしばし()ることができます。暗闇(くらやみ)(なか)()かぶそれらの文字(もじ)(かたち)(わたし)たちを幻想的(げんそうてき)世界(せかい)()()みます。()(ひと)(なか)には()くなった自分(じぶん)身近(みちか)(ひと)(しの)びあの()(もど)っていく(れい)(わか)れを()げる(ひと)もいることでしょう。このような大文字(だいもんじ)行事(ぎょうじ)がいつ(ごろ)から(はじ)まったのかはっきり()かっていませんが,江戸(えど)時代(じだい)書物(しょもつ)1658年)には記録(きろく)(のこ)っているそうです。それだけでも300(ねん)以上(いじょう)(つづ)いていることになりますが,この行事(ぎょうじ)(ささ)えてきたのはその時代(じだい)権力者(けんりょくしゃ)ではなく,その地域(ちいき)()民衆(みんしゅう)たちでした。現在(げんざい)でもそれぞれの地域(ちいき)住人(じゅうにん)中心(ちゅうしん)とした五山(ござん)(おく)()保存会(ほぞんかい)(ひと)たちによってこの行事(ぎょうじ)(ささ)えられています。毎年(まいとし)(つづ)けられてきた(おく)()行事(ぎょうじ)ですがかつて戦争(せんそう)第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦(たいせん))のため中止(ちゅうし)になった時期(じき)もありました。昨年(さくねん)はコロナウィルス感染(かんせん)拡大(かくだい)の影響で,中止(ちゅうし)にはならなかったものの行事(ぎょうじ)規模(きぼ)縮小(しゅくしょう)して(おこ)なうというこれまでにはなかった(おく)()実施(じっし)されました。実際(じっさい)点火(てんか)されたのは(うえ)()のように一部(いちぶ)のみでした。今年(ことし)昨年(さくねん)同様(どうよう)規模(きぼ)縮小(しゅくしょう)して(おこな)われる予定(よてい)です。しかしそんな困難(こんなん)状況(じょうきょう)(なか)でも伝統的(でんとうてき)行事(ぎょうじ)(まも)(つづ)けようとする保存会(ほぞんかい)(ひと)たちに敬意(けいい)(ひょう)すると(とも)一刻(いっこく)(はや)くコロナウィルス感染(かんせん)終息(しゅうそく)()かい,大文字(だいもんじ)(おく)()完全(かんぜん)(かたち)実施(じっし)される()がくることを(ねが)わずにはいられません。
kokoka日本語チューターブログチーム