カテゴリ:
17F3DCE6-B250-4B16-9ED8-E0EF93CDC12B

 今年度(こんねんど)はコロナ()でほとんどの行事(ぎょうじ)中止(ちゅうし)になる(なか)で、今度(こんど)のスピーチ(かい)出来(でき)たことはとても有意義(ゆういぎ)でした。(かく)新旧(しんきゅう)リーダーの(はなし)の中から印象(いんしょう)(のこ)ったお話をお()らせしたいと(おも)います。

 チューターの皆様(みなさま)学習者(がくしゅうしゃ)(せっ)する中で色々(いろいろ)な思い()があったようです。あるネパールの青年(せいねん)(おぼ)えたての日本語(にほんご)一生(いっしょう)懸命(けんめい)(はな)しかけてくれて、とても(たの)もしく思えたそうです。また、日本に移住(いじゅう)したある家族(かぞく)母親(ははおや)()どもの幼稚園(ようちえん)連絡帳(れんらくちょう)()めるようになりたいと、日本語クラスにほとんど(まい)(にち)来ていたそうです。「世界中どこでも母は強し」ですね。また、フランスから来た70(さい)以上(いじょう)のワイナリーのオーナーは毎年(まいとし)十月(じゅうがつ)(ころ)から(さん)(げつ)来ます。また(つぎ)(とし)も来ていましたが、今年(ことし)はコロナで来ていないので今頃(いまごろ)どうしていらっしゃるかと()になります。

日本語クラスは(じゅく)でも学校(がっこう)でもなく(おし)え教えられる学習者の家庭(かてい)教師(きょうし)のような存在(そんざい)でありたいとチューターと名付(なづ)けられたそうです。そして、このコロナ禍で唯一(ゆいいつ)のコミュニケーションツールを使(つか)ってのリモート併用(へいよう)会議(かいぎ)実現(じつげん)してくださったコーディネーターのお二人(ふたり)感謝(かんしゃ)したいと思います。このリモートができることで会議もできるし、学習者とも個人(こじん)レッスンもできている(かた)もいっらしゃるので大変(たいへん)便利(べんり)手段(しゅだん)だと思います。

まだまだコロナの終息(しゅうそく)が見えない中、この方法(ほうほう)があるので希望(きぼう)(ひかり)があるように思えます。


kokoka日本語クラスコーディネーター 内藤園子