カテゴリ:
ブログ用

「日本語チューターをしてみませんか?」とお誘いすると、大抵言われる言葉です。私は必ず言います。「できますよ。そしてきっと、やってよかった!と、思われますよ。」と。日本語チューターは、実は身近な活動なのです。

まず、時間割は90分授業が週に13クラスあり、午前、午後、夜の区分から、負担のない曜日と時間を選ぶことができます。

 でも、教え方がわからない!ごもっともです。しかし、ご安心下さい。自由に使える各種教材が揃えられており、教え方をレクチャーしたDVDもあります。初めのうちは先輩チューターとペアになるのも良いでしょう。授業後のミーティングでの意見交換も役に立つはずです。

 では、授業のイメージは?学習者のレベルや希望する学習内容はそれぞれ異なります。テキストを使っての文法学習を希望するケースは一定数ありながらも、全体としては会話を磨きたい方の割合が多いと言えます。その会話も、教科書的なトピックに止まらず、子供の学校の話題、仕事、文化、遊び、各国事情等、極めて多様です。そしてここに、多くの個性豊かなチューターが求められる理由があるのです。仕事に打ち込んできたこと、子育てをしたこと、趣味があること、若いこと、年を重ねていること、そんな自分にとっての「当たり前」が、即、チューターとしての強みになるのです。

 教えて行く中で、却ってこちらが学ばされることは少なくありません。また、最初は緊張で震えていたのが、いつの間にか肚が据わり、少々のことでは動じなくなります。そして何時しか、「私にもできますか」から「私だからできる授業」をするようになっていることに気が付くでしょう。

 次はあなたが、私たちと一緒にそんな体験をしてみませんか?

kokoka日本語クラスコーディネーター 豊福伸幸