カテゴリ:

  
image2

   6月のことを旧暦(きゅうれき)では水無月(みなづき)と言います。今日(きょう)は、その水無月にちなんだ和菓子(わがし)についてお話(はなし)します。
 6月30日には、各地(かくち)の神社(じんじゃ)で「夏越の祓(なごしのはらえ)」
とよばれる神事(しんじ)が行(おこな)われます。過(す)ぎた半年(はんとし)の穢
(けがれ)を祓(はら)い、のこりの半年の無病息災(むびょうそくさい)を祈願(きがん)
する神事です。
 京都を中心(ちゅうしん)に、夏越の祓にあわせて水無月を食べる習慣(しゅうかん)があります。
水無月は、氷(こおり)の結晶(けっしょう)に似(に)せた三角形(さんかっけい)の和菓子です。
台(下の部分)は外郎(ういろう)で氷をあらわし、上には小豆(あずき)を散(ち)らして
魔除(まよけ)を意味(いみ)しています。
 まだまだ、うっとうしい梅雨(つゆ)が続(つづ)きます。こんな時期(じき)にこそ、冷(ひ)
えた水無月を食(た)べてほっこりと過ごしてください。

                    <kokoka 日本語チューター ブログチーム>