カテゴリ:
uruudoshi-2

 今年は閏年です。そして4年に1度のオリンピックの年でもあります。
 通常、2月は28日までしかありませんが、4年に一度の「うるう年」では、29日が設けられます。なぜ2月は1日増えたり減ったりすの
でしょうか?
 現在の日本で使われている「太陽暦」の1年は、365日とされています。これは地球が太陽のまわりを1周するのにかかる日数ですが、実は1年につき6時間ほど足りません。そのため4年経つと、6時間×4=24時間、つまりあと約1日分の時間が、地球が4年前にいたもとの位置に戻るために必要になるのです。

 そこで、紀元前1世紀に太陽暦を使い始めたローマでは、「西暦の年号が4でわりきれる年」をうるう年と定め、4年に1度、1年の日数を1日増やして調整するようにしました。これをユリウス暦といいます。

 ただ、この調整は完璧なものではなく、正確なズレは6時間ではなく5時間49分であるため、うるう年を設定したことで、1年につき約11分の増やしすぎになってしまいました。そのためさらなる微調整が必要になり、16世紀、時のローマ教皇グレゴリウスによりグレゴリウス暦が制定され、現在に至っています。それによって「西暦の年号が100でわりきれる&400ではわりきれない年」は、うるう年にはならないというルールが加わりました。

 たとえば、西暦2100年、2200年、2300年などは、例外に当てはまるため、うるう年にはなりません。西暦2400年は100で割り切れますが、同時に400でも割り切れるので、例外には当てはまらず、うるう年となります。

 それでは、なぜ2月にあるのでしょう? それは「2月が一番短い月だから」という理由だけではありません。古代ローマの1年は現在の3月から始まり、2月で終わりを迎えていました。そのため、わかりやすく最後の月となる2月に、うるう年を設定した、とされています。

 
 さて、2月29日生まれの人は4年に1度しかお誕生日がないのでしようか?日本の法律では、誕生日を基準にした行政手続きに限り[みなし誕生日]を2月28日としています。また、年齢計算についても、平年、閏年を問わず、毎年2月28日24時に加齢されることになっています。
 皆さんの周りに2月29日生まれの人はいませんか?

kokoka日本語チューターブログチーム