カテゴリ:

0-1

お正月の挨拶「明けましておめでとう」は、中国語では「新年快樂」(しんねんかいらく)だ。毎年1、2月の頃、中華圏にとって最も大事な祝祭日「春節」(しゅんせつ)が行われる。春節とは、中華圏における旧暦の正月だ。今回は私が暮らしている台湾の春節を紹介する。


地域によって春節の形式も違うが、私が大事なのは家族と大切な人と一緒に過ごす。食事やお酒を呑みながら話して、新しい年を迎える。食事が終わると、友達と一緒にテーブルゲーム「マージャン」で遊び、春節を楽しく過ごすのも大人気。


子供達が期待しているのは中国の伝統的お年玉「紅包」(ホォンパァォ)。真っ赤なポチ袋の中に現金を入れて、目上の人から目下の者や子供に渡すのが一般的。「紅包」別称「圧歳錢」(あっさいせん)、中国語で「歳(スイ)」と「祟(スイ)」が同じ発音であり、子供を襲う祟りがおさえられ、一年を無事に過ごす事ができるように、平安を祈る。ちなみに、電子マネーが普及的な地域には、現金を渡さず形式の紅包もどんどん増える。


一方、新年を迎える準備も多い。春節に入る前に家を掃除、祭祀の支度、春節の飾りも用意する。台湾では、家の入口などに「春聯」(しゅんれん)を貼り付ける風習がある。縁起の良い言葉を赤い紙に書き、良い年になりますようにと飾る。私も部屋のドアーに小さな春聯があって、「今年も充実な一年になりますように」と書いてある。


                       周 區子