カテゴリ:
syukujitsu02_seijin_nohi (1)
成人式とは、成人となったことを祝う儀式です。新成人とは、前年の「成人の日」の翌日からその年の「成人の日」までに20歳の誕生日を迎える人をいいます。

「成人の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」の趣旨のもと、翌1949年から、1月15日を成人の日として制定されました。以来50年間、1月15日は国民の祝日「成人の日」として広く祝われてきました。しかし、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴い、2000年(平成12年)から、成人の日は1月第2月曜日に変更され、現在に至っています。
 成人式式典は、成人の日、またはその前日(常に日曜日になる)に開かれることが多いのですが、必ずしもそうでない地域もあります。正月三が日、ゴールデンウイーク、お盆、などに開催される市区町村は、就職や進学で地元を離れている人が帰省して来る時期に参加し易いようにと配慮しています。また、特に豪雪地では、雪で晴れ着が汚れるなどの問題があるため、温暖な季節に開催されています。
 さて、日本では、これまで20歳を成人としてきましたが、民法改正により、2022年4月1日から、18歳で成人に達する、と変更されます。それに伴って、選挙権など法的な権利・義務などの生じる年齢が変わるものと、変わらないものとがあります。さらに、成人式を何歳で行うかについても、開催する市区町村ごとに議論されている最中です。
 
 今日は国民の祝日、成人の日です。世界でも類を見ないほどの少子化が進むこの日本で、式典に出席するしないに関わらず、成人となった若い人たちが未来に夢を描き、それに向かって歩み出す勇気を得る、そんなそれぞれの成人の日でありますようにと、期待と祈りを託す日でもあります。

kokoka 日本語チューターブログチーム