カテゴリ:


                    2020.1.7 コロンビア2

 新しい一年が始りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 この年末には初めての体験をしました。コロンビアの1231日には“Año Viejo”(アーニョ
ビエホ
)と言う行事があります。”Año”は年、”Viejo”は古いを意味し、端切れで作った人形
を燃やして一年の厄をはらいます。人形と一緒に、一年間でよくなかった事、忘れたい事を
書いた紙を燃やします。そして、来年叶えたい願いを別の紙に書き、財布に入れておきます。
人形の大きさは様々です。等身大の人形には爆竹を入れて燃やすので、騒々しいくらいです。
1231日の日付けが変わると同時に、あちらこちらで花火が上がり、とても賑やかに新年を
迎えます。日本の静かな年越しとは一味違いました。いずれにしても新しい年に希望を託す
心は同じですね。
 写真左 クッキー缶に入るぐらいの大きさの人形
 写真右 人形を燃やしています(環境に優しい素材)

 さて、日本語の勉強についてですが、今は『みんなの日本語』初級第6課をやっています。
第5課から動詞が出てきましたが、動詞に力を入れると、時間の表現(今週、先月、来年等)
や名詞(物の名前)を忘れがちになります。そこで、「次回はミニテストをします」と言った
ところ、生徒さんはとても身構えてしまいました。こちらとしては気軽な気持ちだっただけ
に、ちょっと驚きましたが、急遽、単語カードを作り「ゲーム、ゲーム!クイズだよ!」と
言うと、途端にやる気になりました。とにかく続けられることをモットーに、今年も試行錯誤
の一年になりそうです。

 皆様にとって楽しい一年になりますように。

                        水曜午前チューター 武島 聡美