カテゴリ:
IMG_2186

皆様、こんにちは!国際交流基金の米国若手日本語教員(J-LEAP)というプログラムで、アメリカ、ニューヨーク市に派遣されていた、水曜午前チューターの堀野善康です。今回は、ニューヨーク市にある、「ブルックリン日本語学園」という、土曜日の日本語補習校についてお話をします。
ブルックリン日本語学園は、日本人の保護者によって立ち上げられた日本語補習校で、多くの日本にルーツを持つ子どもが、「継承語としての日本語(JHL)」を勉強しています。この子どもたちの中には、日本に帰国する予定がない人もたくさんいます。しかし、日本人の親とのコミュニケーションのためや、その子自身が、「日本につながっている」ことを忘れさせないために日本語を学習させるようです。このブルックリン日本語学園は、日本語学習だけでなく、学校行事も活発です。運動会では、玉入れ、綱引き、リレーといった、日本の運動会さながらのものを、ニューヨーク市、ブルックリンの地でも体感できます。これらの環境で育った、日本につながる子どもたちが、この幼少の頃の思い出を忘れず、またその子どもへと受け継いでいってくれることを願って止みません。


                             水曜午前クラス 堀野善康