アーカイブ

2021年09月

【日本語チューター】にほんごクラス再開します

カテゴリ:
日本語クラス再開
9がつ30にちもく)までで京都府きょうとふ緊急事態きんきゅうじたい宣言せんげんわりました。

10がつ1にちきん)からボランティア日本語にほんごクラスを再開さいかいします。

(※土曜日どようびのクラスだけ10がつ9にちからです)


学習者がくしゅうしゃのみなさん、ようやくクラスがはじまります。 たくさんおはなしかせてくださいね!
あたらしくボランティアに参加さんかされたみなさんもおいできるのをたのしみにしています。


参加さんか仕方しかた
いままでどおりです。

予約よやくはいりません
・チケットは現金げんきんだけ使つかえます。
受付うけつけは1かいはいって右側みぎがわでしています。(ボランティアルームではありません)
感染症かんせんしょう対策たいさくのために連絡れんらくさきをきいています。もうばんごうをもっているひとばんごうつたえてください。
消毒しょうどくをして、マスクをして参加さんかしてください。
みつけるためにボランティアルームだけではなく、館内かんないほか場所ばしょ使つかっています。


これからもコロナの状況じょうきょうによっては予定よてい変更へんこうになることがあるかもしれません。 まえにkokokaホームページの「講座こうざ」のページを確認かくにんしてください。



kokoka日本語チューターブログチーム

【日本語チューター】日本語の勉強

カテゴリ:
IMG_1706_collage

台湾(たいわん)出身(しゅっしん)(わたし)2019(ねん)2(がつ)(とき)仕事(しごと)関係(かんけい)京都(きょうと)()ました。(ちい)さい(ころ)からずっと日本(にほん)のドラマやアニメを()ていましたのでリスニングだけは(すこ)出来(でき)ますが、()むと会話(かいわ)能力(のうりょく)完全(かんぜん)初心者(しょしんしゃ)のレベルでした。毎日(まいにち)(いえ)で日本()勉強(べんきょう)していますが、長時間(ちょうじかん)の会話をする機会(きかい)はなかなかありませんでした。ある機会で、友達(ともだち)からココカのことを()()ぐここに()るのを()めました。

 (はじ)めて来た時、その人数(にんずう)(おどろ)かされました。やはり京都にいる外国人(がいこくじん)(おお)いと実感(じっかん)しました。先生(せんせい)によって様々(さまざま)(おし)(かた)がありますのでどのような(ひと)でもここで(たの)しく日本語を勉強することができます。たくさんの外国の友達もできます!

 あっという()に日本に来てもう二年間(にねんかん)()ちここでの会話練習(れんしゅう)(すご)(やく)()ちました。会話だけではなくいろいろな人と(はな)してたくさんの(こと)()って自分(じぶん)視野(しや)(ひろ)げられました。私にとってココカは日本語を勉強する場所(ばしょ)でもあり生活(せいかつ)経験(けいけん)交流(こうりゅう)する場所でもあります。これからもよろしくお(ねが)いします!

李 瑞


【日本語チューター】お休みを延長します

カテゴリ:
9月延長
ひきつづき9がつ30にちまでおやすみします

京都府きょうとふ緊急事態きんきゅうじたい宣言せんげん延長えんちょうされました。
9がつ30にち(もく)までボランティア日本語にほんごクラスもおやすみします。
10がつ1日ついたち(金)きんからの予定よていはこのブログや、
kokokaのホームページの「ボランティアによる日本語にほんごクラス」のページを確認かくにんしてください。






昨年さくねんからボランティア日本語にほんごクラスはやすみがとてもおおくなりました。
わたしたちブログチーム(=チューター4めいがメンバーです)も、編集へんしゅう会議かいぎ中止ちゅうしになり、メールやオンラインでブログの記事きじはないをしています。 更新こうしん回数かいすうっても、ブログを途切とぎれさせないようにやすちゅう継続けいぞくして活動かつどうしています。

あたらしくボランティアに登録とうろくされたかたんでくださるとうれしいので、 日本語にほんごチューターのブログをちょっと説明せつめいします。

このブログ【kokokaボランティアブログ】はkokokaの沢山たくさんあるボランティアグループが共有きょうゆうしているブログです。 タイトルの最初さいしょにある【グループめい】が筆者ひっしゃで、 わたしたち1回いっかい100えん日本語にほんごクラスは【日本語にほんごチューター】です。

日本語にほんごチューターブログの目玉めだま記事きじなんといっても 「学習者がくしゅうしゃきました」ではないでしょうか。 学習者がくしゅうしゃさんに依頼いらいしていていただいたり、 きたい!とをあげてくださった学習者がくしゅうしゃさんの原稿げんこう掲載けいさいしています。
どうぞサブカテゴリー「学習者がくしゅうしゃきました」 をえらんで過去かこ記事きじんでみてください。
ったことがくても、人柄ひとがらがイキイキとつたわる名作めいさくぞろいです。

また、京都きょうとのボランティアであるつよみをかした 「きょう歳時記さいじき」も過去かこのブログからずっとつづくシリーズです。 いま京都きょうとにいるひとも、帰国きこくしたひと、これからひと、 また京都きょうと興味きょうみのある世界せかいひとにむけ、フリガナきで地元じもと発信はっしん京都きょうと季節きせつ話題わだいいています。

昨年来さくねんらいコロナで緊急きんきゅうのおやすみが決定けっていするようになってからは、 なるべくかりやすくクラスのおやすみの情報じょうほうをおつたえできるよう、 工夫くふうをして更新こうしんしています。

ブログの更新こうしんはLINEでることが出来できます。 ぜひ登録とうろくして定期ていき購読こうどくしてください。

LINEブログリーダーで定期購読

kokoka日本語チューターブログチーム

【日本語チューター】kokokaの種~虹の彼方に🌈

カテゴリ:
kokokaの種

            

 

 みなさんはこの写真(しゃしん)(おお)きな(いし)()たことがありますか。これは、京都市(きょうとし)国際(こくさい)交流(こうりゅう)会館(かいかん)kokokaにあるオブジェです。このオブジェは(たね)をイメージしています。「国際交流がここから大きく(そだ)ちますように」という(ねが)いが()められています。これはkokoka正面(しょうめん)仁王(におう)(もん)(どお)りから入ってすぐの前庭(まえにわ)にあります。ある芸術(げいじゅつ)大学(だいがく)先生(せんせい)学生(がくせい)たちが巨大(きょだい)(いわ)(みが)いて、巨大な種に仕上(しあ)げました。kokokaとは、一般(いっぱん)の人から募集(ぼしゅう)した京都市国際交流会館(建物(たてもの))の愛称(あいしょう)(ニックネーム)です。

 (わたし)はここに、4(ねん)(まえ)からボランティアとして(かよ)っています。最初(さいしょ)から「あの大きい石はなんだろう」と疑問(ぎもん)(おも)っていました。その疑問を(おし)えてくれたのが事務室(じむしつ)職員(しょくいん)さんです。今年(ことし)の1(がつ)のことです。さっそく彼女(かのじょ)にインタビューしました。

 オブジェは、この種から()()kokokaの願いが(かな)うように(つく)られました。(むかし)琵琶(びわ)()疏水(そすい)の水をこのオブジェの下方(かほう)(まわ)りに()いていました。季節(きせつ)ごとの風物詩(ふうぶつし)が見られました。カエルがぴょんぴょん()()ねる(なつ)(こおり)()(ふゆ)、それぞれに(おもむき)がありました。しかし、()どもが(のぼ)ったりするようになり、危険(きけん)回避(かいひ)のために水は()められました。残念(ざんねん)です。

 kokoka理念(りねん)目指(めざ)すもの)は、多文化(たぶんか)共生(きょうせい)社会(しゃかい)実現(じつげん)です。この場所(ばしょ)外国(がいこく)人々(ひとびと)日本(にほん)の人々が、日本人(にほんじん)同士(どうし)が、外国人(がいこくじん)同士が(つど)対話(たいわ)します。kokokaは、人と人がお互いの多様性(たようせい)(みと)()う場所なのです。kokokaの種が(にじ)彼方(かなた)()かって成長(せいちょう)するように、これからも私たちkokokaのボランティアは多文化共生社会を実現させるために活動(かつどう)していきます。

 

kokoka日本語チューターブログチーム

                                

 

 

このページのトップヘ

見出し画像
×