アーカイブ

2020年09月

【日本語チューター】食欲(しょくよく)の秋(あき)

カテゴリ:

IMG_1238 2

 秋の気配(けはい)が色濃(いろこ)くなってきました。日本の秋には、多(おお)くの食(た)べ物(もの)が実(みの)りを迎(むか)えます。暑(あつ)かった夏(なつ)に使(つか)い切(き)った体力(たいりょく)を回復(かいふく)するための自然(しぜん)からの恵(めぐみ)です。「あれも食べたい!これも食べたい!どれもこれもおいしそう!」この願望(がんぼう)が食欲の秋です。

 秋の食材(しょくざい)の代表(だいひょう)といえばきのこの王様(おうさま)「松茸(まつたけ)」ですが 、国産(こくさん)松茸は高価(こうか)すぎてなかなか口(くち)にはいりません。魚介類(ぎょかいるい)では海水(かいすい)の温度(おんど)が下(さ)がるので魚(さかな)の身(み)がしまり、秋刀魚(さんま)、秋鯖(あきさば)、「海のミルク」と言われる牡蠣(かき)などが多く収穫(しゅうかく)されます。野菜(やさい)ではさつまいも、にんじん、ごぼう、れんこんなどの根野菜(こんやさい)やハロウィンに登場(とうじょう)するカボチャなどの食材を使って、鍋(なべ)や煮込(にこ)み料理(りょうり)を食べる機会(きかい)が増(ふ)えてきます。果物(くだもの)では柿(かき)、栗(くり)、梨(なし)、ぶどう、いちじく、りんごなどの甘み(あま)みが増(ま)してきます。

「食欲の秋」のほかに「味覚(みかく)の秋」、「読書(どくしょ)の秋」、「スポーツの秋 」、「芸術(げいじゅつ)の秋」などがあります。ぜひ「〜の秋」を見つけてみませんか。

  kokoka日本語チューターブログチーム 

【kokokids】10/3は「動物園へ行こう」!

皆さんこんにちはー! kokokidsです!
暑かった夏もようやく終わり、
すっかり秋めいてきましたね!
そんな爽やかな季節を迎え、
次回のkokokidsではkokokaを飛び出し
近くの「京都市動物園」にでかけますよ!!
kokokids20201003-1 改_1
日時:10月3日(土)午後2:00~4:00(動物園で解散)小雨決行
集合:午後2:00 kokoka(ココカ)1Fロビー (出発 午後2:10)
参加費:大人:300円/1名 子ども:無料(おやつあり!)
申し込み:必要ありません、直接来てください。
行先:京都市動物園  
動物ビンゴや動物クイズをしながら
 楽しく動物園を見て回りましょう!
★動物たちへのエサやりも見られますよ!
みんな~、お楽しみに!!



 

【日本語チューター】大切(たいせつ)なお知(し)らせ


        gahag-004659[1]

お知らせ1

9月23日(水)は、kokokaはお休(やす)みです。

 

9月21日(月)、9月22日(火)は祝日(しゅくじつ)のため、kokokaの休館日(きゅうかんび)が9月23日(水)となり、水曜日(すいようび)の日本語(にほんご)クラスもお休みとなります。

 

お知らせ2】

日本語クラス参加時(さんかじ)の受付(うけつけ)のやりかたが変(か)わります。

 

 9月13日(日)から、日本語クラス開始前(かいしまえ)の受付時(うけつけじ)に、チューターから学習者に名前(なまえ)、国籍(こくせき)、連絡先(れんらくさき)を聞(き)き取(と)り、学習者に登録番号(とうろくばんごう)を伝(つた)えます。

それ以降(いこう)、学習者は、登録番号のみの記入(きにゅう)だけでクラスに参加できます。

 学習者は、登録番号を忘(わす)れないようにしてくださいね。

 kokoka日本語チューターブログチーム

                

【日本語チューター】学区(がっく)をおぼえようー避難(ひなん)にそなえて

カテゴリ:
避難情報と学区

 京都市(きょうとし)では水害(すいがい)、土砂災害(どしゃさいがい)などの避難(ひなん)情報(じょうほう)は学区(がっく)、地区(ちく)単位(たんい)で出ます。

 学区は、自主防災(じしゅぼうさい)などを担(にな)っている京都市独自(どくじ)の地域(ちいき)コミュニティなので、地図(ちず)に載(の)っていません。水害(すいがい)ハザードマップなど市や区(く)が発行(はっこう)している資料(しりょう)やwebページには、学区の地理的(ちりてき)範囲(はんい)が分(わ)かるものがあります。

 災害(さいがい)から身(み)を守るために自分(じぶん)の家(いえ)や職場(しょくば)が何(なに)学区か確認(かくにん)しておきましょう。とても難(むづか)しい学区名(めい)が多いので、漢字(かんじ)と読(よ)み方(かた)をいっしょに覚(おぼ)えましょう。

写真左:2018年7月の大雨時のテレビ画面 右:中京区役所掲示物)

kokoka日本語チューターブログチーム

【日本語チューター】お月見(つきみ)

カテゴリ:

              お月見1

 お月見とは、1年(いちねん)の中(なか)で空(そら)が澄(す)みわたる旧暦(きゅうれき)の8月(はちがつ)に、美(うつく)しく明(あか)るい月を眺(なが)める行事(ぎょうじ)のことで、「十五夜」(じゅうごや)ともいいます。

 夏(なつ)が過(す)ぎ、涼(すず)しくなり始(はじ)めた時期(じき)に、満月(まんげつ)の夜(よる)を見(み)て楽(たの)しむのは、日本(にほん)の秋(あき)の風物詩(ふうぶつし)ともいえます。

 2020年の十五夜は、101日(木)です。

 お月見の始(はじ)まりは、中国(ちゅうごく)の唐代(とうだい)の頃(ころ)からです。この風習(ふうしゅう)が日本(にほん)の貴族社会(きぞくしゃかい)に入(はい)り、平安時代(へいあんじだい)の月見は徐々(じょじょ)に大(おお)きくなり、詩歌(しいか)や管弦(かんげん)を楽しみつつ酒(さけ)を酌(く)む、といった優雅(ゆうが)な催(もよう)しで庶民(しょみん)とは縁(えん)のないものでした。

 中秋(ちゅうしゅう)には大陸(たいりく)の乾燥(かんそう)した冷(つめ)たい空気(くうき)が流(なが)れ込(こ)むため、月がとても美しく見えます。そこで上流社会(じょうりゅうしゃかい)で観月(かんげつ)の縁(えん)を催(もよう)し月を眺めていましたが、のちに作物(さくもつ)の収穫祭(しゅうかくさい)と結(むす)びつき、人々(ひとびと)は豊(ゆた)かな実(みの)りの象徴(しょうちょう)として十五夜を鑑賞(かんしょう)し、お供(そな)え物(もの)をして感謝(かんしゃ)や祈(いの)りを捧(ささ)げるようになったようです。

 お月見といえば、山盛(やまも)りにしたお団子(だんご)にススキのイメージがあるのではないでしょうか。実際(じっさい)にそれは正(ただ)しく基本的(きほんてき)にはそれだけだそうです。

 最後(さいご)に、昔(むかし)の人が月を愛(あい)し、歴史(れきし)に残(のこ)っているような土地「三大お月見鑑賞地」を紹介(しょうかい)しますので、秋の澄んだ夜空(よぞら)の月を満喫(まんきつ)されてはいかがでしょうか。

  ①大覚寺大沢池(だいかくじおおさわいけ)(京都市)  

②猿沢池(さるさわいけ)(奈良市)  

③石山寺(いしやまでら)(大津市)

 

kokoka日本語チューターブログチーム




【kokokids】「テーブルホッケー」!!(9/5)

はじめの会は日本の古い行事「節句」(せっく)のお話。
9月9日はキクの節句です。「知らない」
キクの花を手にとって、香りをかいで「いいにおい!」
キクのマーク見たことある?「神社やお寺!」
パスポートにもあるよ!「知ってる!」


次は、お待ちかねのテーブルホッケー♪♪
ブログ写真200905
アイスのカップをデコレーションした「マイ スマッシャー」を手に、
牛乳パックと感染防止シールドで作られたゲームテーブルへ移動。

総当たり戦で、1分間でゴールした数で対決!
上級生からのハンディの申し出のお陰で、下級生も気持ちよくゲームできたね🎵

お友達のことも、みんなで応援して、みんながだんだんじょうずになって、盛り上りました。

次回(10/3 土)は、動物園に行きます。
新しい発見があるかも。お楽しみに(^o^)

【日本語チューター】台風(たいふう)いっこ?

カテゴリ:
shizensaigai_typhoon

 夏(なつ)から秋(あき)にかけては台風(たいふう)シーズンです。

 ここ数年(すうねん)は年間(ねんかん)30近(ちか)くの台風が発生(はっせい)しています。7月(がつ)から9月に上陸(じょうりく)し、交通(こうつう)がストップするなど日常生活(にちじょうせいかつ)に影響(えいきょう)をもたらします。

 皆(みな)さんが住(す)む京都(きょうと)も過去(かこ)に雨(あめ)や風(かぜ)で大(おお)きな被害(ひがい)を受(う)けています。身(み)の回(まわ)りの危険(きけん)な場所(ばしょ)を確認(かくにん)しておきましょう。

 9月に入(はい)り大型(おおがた)の台風が日本列島(にほんれっとう)に近(ちか)づいています。気象(きしょう)の変化(へんか)には十分(じゅうぶん)気(き)を付(つ)けましょう。

 台風が通(とお)り過(す)ぎれば台風一過(いっか)、青空(あおぞら)がひろがります。ところで台風の数(かぞ)え方(かた)をご存(ぞん)じですか?1個(こ)2個と数えます。

kokoka日本語チューターブログチーム

このページのトップヘ

見出し画像
×