カテゴリ:
0bdc52c6ad09c9e417aefa317ab65a2d_t[1]

近畿地方(きんきちほう)も例年(れいねん)より遅(おそ)いですが、やっと梅雨入(つゆい)りとなりました。

各国(かっこく)の学習者(がくしゅう)から聞(き)き取(と)りしました「雨の日の過ごし方」を2回(にかい)に分(わ)けて紹介(しょうかい)いたします。

 

【中国(ちゅうごく)】

 ・マージャン、ゲームなどをする。

【ドイツ】

 ・ゆっくり二時間(にじかん)ほどかけて、家族(かぞく)で朝食(ちょうしょく)を

楽(たの)しむ。

【台湾(たいわん)】

 ・映画(えいが)、遊園地(ゆうえんち)など屋内(おくない)で楽(たの)しめるとこ

ろへ行(い)く。

【カナダ】

 ・合羽(かっぱ)を着(き)て出(で)かける。

【ネパール】

 ・雨(あめ)が少(すく)ないので、降(ふ)ると嬉(うれ)しい。川(かわ)で釣(つ)

りができる。

【アメリカ】

 ・テレビ、ユーチューブ、ビデオ等(など)を見(み)る。

【スウェーデン】

 ・雨が多(おお)いので、いつもと変(か)わりません。激(はげ)しい雨のときは

  映画(えいが)を見たり、料理(りょうり)をしたり、友人(ゆうじん)に電話(で

んわ)をします。

【インドネシア】

 ・寝(ね)たり、唄(うた)を歌(うた)っています。

【韓国(かんこく)】

 ・ベランダの掃除(そうじ)をする。

 ・油(あぶら)っぽい料理(りょうり)を作(つく)ります。

 

【チューターからのコメント】

 ・日本人(にほんじん)とあまり変わりなく、家で何(なに)かをする人(ひと)が多

いように感(かん)じました。

 ・その国(くに)の平均的(へいきんてき)な対応方法(たいおうほうほう)というよ

りは個人(こじん)の意見(いけん)だと感じました。

 

kokoka日本語チューターブログチーム>