【京都案内倶楽部】森へ行こう!

カテゴリ:
0043_xlarge
12/8 待望の「森へ行こう」が実施されました。
昨年は雨だったので中止となり、やむなくあきらめたことを思い出しました。
こんな貴重な体験を、もっと暖かい時期に…と思いましたが、スズメバチ対策と聞いて納得しました。今年は程よいお天気に感謝!

伏見にある「桃陽病院」の裏手に、森の樹木を保護・整備しつつ、一般の人々が自然を楽しめる工夫を重ねておられる「みどりの会」のボランティアのお世話になりました。

まずはベテラン隊長F氏の計画に基づき、森の散策。
まあ、いま民家のそばを通って上がって来たのに!
こんな近いところに森があるなんて考えられず、サバイバルの練習には持ってこいだと思いました。
椎茸が栽培されていたり、まっ赤になった野イチゴを摘んだり食べたり、一番びっくりしたのは、土の中のカブトムシの幼虫を見せてもらったこと! 沢山の落葉の上を踏んで歩き回りました。
 
次は力仕事で、大きな倒木を斧で割って薪づくり。
なかなかの体力と集中力が必要なことが分かり、怪我をしないように正しい姿勢で立ち向かう大切さを学びました。自分の腕力を試す良いチャンスでした。

昼ご飯の時間になり、メンバーにより用意された「サバイバルランチ」。とは言え栄養満点、具だくさんの味噌汁とでっかいおにぎりをほおばって楽しみました。
さらにデザート?熾火で作った焼き芋もいただきながら、大きなカリンや夏みかん狩りに熱中するグループもあり、秋の終わりの紅葉も充分に楽しみました。

すっかりお腹も満足させて、北堀公園へ出発。伏見城の裏手から昔の足跡をたどりつつ、ゆっくり散策、伏見城本丸の悠々とした姿を間近に見ることができました。いつもはるか遠くに電車から小さく見るのと違って天守閣と二つ並んだ姿に「ええっ!」と驚きました。

ここで大切なアンケートを参加者の皆さんにお願いしました。

後はゆっくり丹波橋駅へ向かい、終わりの挨拶と2月の予告「2月11日(Feb. 11)Walking on the fire?火わたりの行」で終わりました。

これは余談ですが、今回もっとも印象的だったのは、二次会の喫茶店で聞いた、V氏の日本でのサバイバル生活です。彼のように日本で暮らす外国人の生活がどんなふうか良くわかりました。彼がツアーの中で、火起こし方法を熱心に説明される姿は、彼の日常を物語っていたんだということを理解しました。今回のツアーを通して、kokokaの一端を担うKGCの役割を実感しました。

貴重な体験をありがとうございました。

【日本語チューター】全国高校駅伝

カテゴリ:
        2019.12.22 高校駅伝男子スタート直後


 

 全国高等学校駅伝競走大会(男子第70回 女子第31回)が令和元年1222日(日)
に開催されました。スタートとフィニッシュは、たけびしスタジアム京都 (西京極
総合運動公園陸上競技場)、走る距離は男子42.195km(7区間)、女子21.097km
(5区間)です。男子は第70回記念大会のため、各都道府県の代表47校に加え、
各地区の代表校11校の合計58校が参加しました。


 本駅伝は、これまではテレビで観ていましたが、昨年は初めて沿道で応援いたし
ました。郷里の代表校選手がすぐ目の前を走りすぎるとき、高校名を叫んで
「頑張れ!」と叫ぶと、選手の顔が一瞬こちらを向き目が合いました。どの選手の
ひたむきな姿に胸が熱くしましたので、今年は初めてスタジアムで観戦した次第
です。


 到着時は、女子選手がスタートしたあと、各中継点に向かう男子選手が区間
毎に紹介されているときで、この場面は初めて見ました(テレビで放映されること
はなかったと思います)。
程なく女子選手が競技場に戻ってきましたが、トラック
の中でも一つでも順位を上げよう、また少しでも良いタイムでゴールしようという
意気込みで、皆最後まで力走していました。47校目の選手には、ひときわ大きな
拍手が湧きました。


 男子選手のスタート(写真)に声援を送った後、選手の中から様々な駅伝や
オリンピックでも活躍する選手が出てくることを念じながら、競技場を離れました。
寒さが堪えたので、後は自宅でテレビ観戦でした。

 「kokoka 日本語チューターブログ」201812月3日掲載の「師走(しわす)
の京都— 走(はし)るのは・・・?」
も是非合わせてお読みください。

                〈kokoka 日本語チューターブログチーム〉

【日本語チューター】神戸に行きました。

カテゴリ:
              IMG_7521
 
先週末、友達と神戸に遊びに行きました。
京都と近いから、一時間ぐらいで到着しました。神戸港に行って、夜景を見るためにタワーに上りました。すばらしい風景を見たから、うれしかった。次の日はまず生田神社に行って、にしむら珈琲で昼ご飯を食べて、萌黄の館と風見鶏の館に行きました。本来は神戸ハーブ園に行くつもりがあるけど、時間がちょっと足りないから、残念だけど行かなくて京都に帰りました。一泊二日の旅行は本当に楽しかったと思います。
リン・ウ・エン

【日本語チューター】韓国講座の受講感想文

カテゴリ:
無題

kokokaに登録しているボランティアを対象とした10回シリーズの人材育成講座「韓国講座」を受講しました。

 大変すばらしい講座でした。
 ハングルの読み方の他、受けてみたら、韓国語というより韓国の
文化、生活などいろいろな話が聞けて興味が尽きませんでした。

韓国では目上の人とお酒を飲むときは面と向かっては飲まない。
 たとえお父さんと飲むときで
もちょっと横を向いて飲む。
 韓国人は「ケンチャナ」という言葉をよく使う。「大丈夫。平気、
平気」という意味。
 例えば友人が約束に遅れてきても、また自分が何か失敗した時も笑って「ケ
ンチャナ」というそうだ。
 私が思っていた韓国人気質とは違った。

家族の集まりと言えば、バス数台で集まる大家族の集会が今でも行われている。
 それから美味
しい食べ物の話はいっぱい。

現在の日韓関係については歴史や多くの事実を判断材料として客観的に紹介していただいた。

 10回中、2回はブラジル講座とウクライナ講座でした。
 両方とも大変面白かった。
 韓国、ブラ
ジル、ウクライナ共に、その国出身のkokokaの職員の方がしてくださいました。
 6月から11月
にかけて土曜の午後kokoka3階であり、kokokaのボランティアは無料でした。
 講座の終わった後2階の図書・資料
室に関連の書物が展示されています。
 とても良かった。


 日本語チューター  森吉彦


【日本語チューター】オープンデイのスピーチ体験の感想

カテゴリ:


no title

こんにちは。ネパール出身のバンダリです。

今回はオープンデイのスピーチの感想をテーマに、お話をさせて頂きます。

国際交流会館のオープンデイ「30周年記念11月3日(日曜日)」に参加させていただきました。kokoカフェーのスタッフとして参加し、更に自国の自慢話をスピーチとして仕上げて、語ることをできました。

日本に来て、住んでみて時間の経過が速いものです。マイクを持って皆さんの前で発表をしたり、語る場面が今まで僕にはなかった。今回はkokoカフェーで初めての日本語でのスピーチでした。

日本語能力試験(JLPT)に申し込みをしていた為、kokoka日本語クラスに通っていました。

一人のチューターの方に、「日本語学習者で、学ばれた言葉を使い、自分の国の自慢、あるいは日本に暮らして感じたことを八百文字以内で、何でも良いのでスピーチと言う形で発表しないか」と言う声が掛かりました。発表者には日本語クラスに使える11回分の回数券もあるし、今回のイベントはkokokaの30周年記念オープンデイで開催されるので、更に大勢の来客者がいらっしゃるので、お手伝いをすれば更に五枚分のチケットを頂けると伺いました。

私自身がイベントはどう言うものか興味があり、日曜日は一人家でごろごろする事が多いので、イベントに参加して皆さんと楽しく一日を過ごしたいと思いすぐに申し込みをさせて頂きました。

スピーチは初めてのことだったので、少し緊張気味でした。事前にリハーサルに出て、マイクの持ち方から教わりました。

日本語学習者の他の外国人の方々の発表の内容をリハーサル室で聞いて、自分のスピーチの内容は「カレーの話しと言うテーマで、こんなのか」と思い、ちょっとテンションが下がってしまいました。

それをスタップの方に共有したら、「言いじゃないですか。色々あって、盛り上げましょうね」と言うことで、「そうだな」と思い、スピーチ会場に出ました。僕を合わせて七人の発表者がいて、全部で六カ国の人で、それぞれは個性があって大変良いスピーチで盛り上げることが出来たと思います。

今回の参加で私のアルバムに、京都で国際交流会館イベントの一枚良い記念写真を飾ることが出来たことを嬉しく思います。

今後も、国際交流会館の様々なイベントに参加して、日本(京都)での楽しい思い出に残るような活動をして行きたいと言う気持ちなりました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今後ともどうかよろしく致します。

元年11月3日

バンダリ・ラジュ

【日本語チューター】日本語スピーチの体験をしました

カテゴリ:

0-1


僕は最近3分日本語のスピーチをやりました。アメリカ人なので、大変でした。11月3日のオープンディの日本語のカフェの後、第一回のスピーチタイムは行われました。外国人は7人が3分のスピーチを出しました。僕は3人めでした。


スピーチの準備をしながら、物凄く勉強になりました。検定試験より勉強になりました。チューターと一緒に何回も書き直して繰り返しました。この練習は全く必要でした。僕のトピックはアメリカのコロラド州は素晴らしい所についてでした。コロラド州は僕の大好きな所です。


人前で話す経験は余り無いので、勿論緊張しました。前日のリハーサルはとても役に立ちました。リハーサルのみならず、当日には緊張でした。スピーチの数時間前の待機時間は一番大変でした。チューターのお陰でスピーチの時に我慢出来ました。良かったです。


スピーチの後で写真が撮られて、色々なプレゼントを頂いて、慰労パーティでお祝いしてもらいました。妻も参加しました。珍しいです。スピーチのビデオももらいました。僕は見ない。恥ずかしいです。将来も見たく無いかもしれません。残念です。


写真と共に観客達の感想を沢山もらいました。99%は親切なもので、感謝致します。安心しております。日本語は未だ未だ上手じゃ無いですが、成功しました。皆さん有り難う御座います。

ランディ ウイリアムスン


カテゴリ:


日本語(にほんご)クラス・冬休(ふゆやす)みのお知(し)らせ

 

12月17日・火曜日(かようび)から、1月5日・日曜日(にちようび)まで、京都市国際交流会館(きょうとしこくさいこうりゅうかいかん)kokoka日本語クラスは、冬休みです。

 

1月7日・火曜日(かようび)から、再開(さいかい)です。

 

クリスマス、大晦日(おおみそか)、お正月(しょうがつ)と、大(おお)きな行事(ぎょうじ)があります。学習者(がくしゅうしゃ)のみなさん、風邪(かぜ)や自転車事故(じてんしゃじこ)には気(き)を付(つ)けて、たくさん、日本の行事に参加(さんか)し、楽(たの)しい冬休みをお過(す)ごしください。

 

京都市国際交流会館は、12月28日・土曜日(どようび)から、1月4日・土曜日(どようび)まで、休館(きゅうかん)になります。                    

【日本語チューター】kokoカフェとスピーチ体験記

カテゴリ:
IMG_1084


koko
カフェのウェイタについて初めてお客様に接待するので何を話したら良いかきんちょうして話せなかった。楽しかったです。

午後から日本での暮らしで見つけた宝物と言うテーマを話しました。私は人の前に話すのが苦手です、スピーチした時、すごくきんちょうしてうまく話せなかったのです。スピーチが終ってから色んな人に励ましてくれました。とても感動しました。嬉しかったです。

 

                    ドー ホアイ タン


【日本語チューター】水曜午後クラスの紹介

カテゴリ:
IMG_20191204_184933

私たちの水曜午後のクラスには、平均で20~30人の学習者が集まります。

これに対して、チューターは毎回5~6人、平均では一人のチューターが2~6人の学習者を受け持っていて、学習の質を保つには今より多くのチューターが必要だと考えています。

 特に解りやすく丁寧に教えることが求められる初級、中級のグループは、学習者の人数を絞って密度の高い学習を提供したいのですが、人手が足りず困っています。

 今のところは他のクラスからチューターの応援を仰ぐなどしてやりくりしていますが、どうしても新しい仲間が必要です。是非とも私たちのクラスに加わり、新風を吹き込んでくださいませんか、見学も大歓迎です。

 クラスには初級、中級、上級、さらに時事問題や歴史などをテーマにした会話なぞ、それぞれを得意とするチューターがいて、初めての方に早く慣れてもらえるよう皆でサポートいたします。

 クラス終了後の「反省会」も念入りに行っています。各チューターがグループ別にその日の学習内容を細かく報告し、きめ細かく意見や知恵を出し合い、担当の学習者のケアやチューター自身の研修にも役立っています。

 年齢、経験の有無は問いません、世界から集まった皆さんと共に、日本語を通して楽しく国際交流をしませんか。是非ともお待ちしております。

 

 

kokoka 日本語チューターブログチーム〉



【日本語チューター】土曜クラスの紹介

カテゴリ:

       IMG_20191130_103614
 
 私達の土曜日の日本語教室は今年度で任期の終える方が数名おられ、

ぜひ新しい方々に来ていただきたいと思っております。チューターには

特別な能力などは必要ありませんので、難しく考えずに安心して参加

していただけたらと思っております。

 土曜日の教室の内容は、テーブルを入門、初級、中上級に分けて、

できる範囲内で少人数で学習できるように配慮しています。また、

みんな学習者に対して、とてもフレンドリーに接しています。

 学習者の方々が希望される学習内容は主に自由会話が多く、様々な

国の方々と日本語でお話をしながら勉強の手助けが出来るのは楽しい
ことですし、自分自身も勉強になることがたくさんあります。正直、

学習者の質問に答えられないこともありますが、教室終了後にみんな

で簡単なミーティングを行なっていますので、その時、共有化できます。

 チューターはみんなフレンドリーに接し、特に中上級は会話中心に

勉強しています。そのため、経験のない方でも十分にできます。

土曜日は、そんな日本語教室です。

           〈kokoka 日本語チューターブログチーム〉













このページのトップヘ

見出し画像
×