【kokokids】2/1は「アーチェリーとパチンコを作ろう!」準備中で~す!!

こんにちは!Koko Kidsです。
今日は、次回2/1の活動「アーチェリーとパチンコを作ろう!」の準備と、来年度はどんな遊びをするか、などのミーティングをしました。
200118準備

次回、アーチェリーやパチンコを作った後は、ネズミや怪獣を的にして当てたり、吊るした的を射抜いたりして、楽しく遊ぼうね!

次回のKoko Kidsは、2/1土曜日、3階ボランティアルームで、15:30〜17:00です。
外国につながるお友達、遊びに来てね!!

【日本語チューター】 プレゼントはどんなときにもらいますか

カテゴリ:

             gahag-007264[1]

  各国(かっこく)の学習者(がくしゅう)から聞(き)き取(と)りしました「プレゼ

ントは、どんなときに誰(だれ)からもらいますか」を紹介(しょうかい)いたします。

 

【クリスマス】

  アイルランド、イギリス、フランス、スペイン、カナダ、アメリカ、中国、台湾、

韓国、シンガポール、ブラジル

【誕生日(たんじょうび)】

  アイルランド(21歳は特別(とくべつ))、カナダ、イギリス、フランス、スペイン、
    ベトナム、中国、台湾、韓国、シンガポール、ブラジル、タイ

【正月(しょうがつ)】

  中国、台湾、韓国、香港、タイ  

【結婚式(けっこんしき)】

  中国、台湾、韓国

【バレンタインデー】

  アメリカ、カザフスタン、中国、台湾

【子供(こども)の日】

  韓国(55日)、カザフスタン(61日)

【出産(しゅっさん)】

  アメリカ(赤(あか)ちゃんへ)、台湾

【退職(たいしょく)】

  台湾 

【父(ちち)の日、母(はは)の日】

  中国(レストランでの食事(しょくじ))

【初(はじ)めての給料(きゅうりょう)】

  ベトナム

【キングズデー】

  スペイン(16日)

 

【チューターからのコメント】

  プレゼントの対象(たいしょう)は、どの国(くに)も家族(かぞく)、親族

(しんぞく)、友達(ともだち)がほとんどでした。

 

kokoka日本語チューターブログチーム>


【日本語チューター】チューター登録締切について

カテゴリ:
世界の人々のイラスト

日本語(にほんご)チューター登録(とうろく)の締切(しめきり)が近(ちか)づいています。

日本語チューターをご希望(きぼう)の方(かた)、登録はお済(す)みですか。

12月(がつ)1日(ついたち)に行(おこな)ったオリエンテーションに参加(さんか)された方で、日本語チューター希望者(しゃ)の登録締切は119日です。

ご希望の方は登録をお忘(わす)れなく。

また、12月のオリエンテーションに参加できなかった方、次回(じかい)のオリエンテーションは、314日 土曜日(どようび)の予定(よてい)です。日本語チューターとして、ご一緒(いっしょ)に日本語学習者(がくしゅうしゃ)のみなさんとの学習・交流(こうりゅう)を楽(たの)しみましょう。

詳細(しょうさい)やお申込(もうしこ)みフォームは、kokokaホームぺージの最新(さいしん)情報(じょうほう)に掲載(けいさい)予定です。

               
                         
kokoka 日本語チューターブログチーム


【日本語チューター】成人式

カテゴリ:
syukujitsu02_seijin_nohi (1)
成人式とは、成人となったことを祝う儀式です。新成人とは、前年の「成人の日」の翌日からその年の「成人の日」までに20歳の誕生日を迎える人をいいます。

「成人の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」の趣旨のもと、翌1949年から、1月15日を成人の日として制定されました。以来50年間、1月15日は国民の祝日「成人の日」として広く祝われてきました。しかし、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴い、2000年(平成12年)から、成人の日は1月第2月曜日に変更され、現在に至っています。
 成人式式典は、成人の日、またはその前日(常に日曜日になる)に開かれることが多いのですが、必ずしもそうでない地域もあります。正月三が日、ゴールデンウイーク、お盆、などに開催される市区町村は、就職や進学で地元を離れている人が帰省して来る時期に参加し易いようにと配慮しています。また、特に豪雪地では、雪で晴れ着が汚れるなどの問題があるため、温暖な季節に開催されています。
 さて、日本では、これまで20歳を成人としてきましたが、民法改正により、2022年4月1日から、18歳で成人に達する、と変更されます。それに伴って、選挙権など法的な権利・義務などの生じる年齢が変わるものと、変わらないものとがあります。さらに、成人式を何歳で行うかについても、開催する市区町村ごとに議論されている最中です。
 
 今日は国民の祝日、成人の日です。世界でも類を見ないほどの少子化が進むこの日本で、式典に出席するしないに関わらず、成人となった若い人たちが未来に夢を描き、それに向かって歩み出す勇気を得る、そんなそれぞれの成人の日でありますようにと、期待と祈りを託す日でもあります。

kokoka 日本語チューターブログチーム

【日本語チューター】ベトナム便り -1- きれいな字コンテスト 

カテゴリ:

橘 写真合成2 トリミング

 こちらに来て約3か月。12月に入りダナンは朝晩涼しくなってきました。感覚としては
日本の10 月くらいの気候、もうすぐクリスマスです。街角で飾り付けをしているお店は
ありますが、日本みたいにイベントとして派手に楽しむようなものでもないようです。
 9月から日本語を習い始めた6年生は、少し前にひらがなの書き方を全部終えました。
6年生は3クラス受け持っていますが、それぞれのクラスでコンテストをやりました。
きれいな字が書けた生徒3名を発表して前に出てもらって表彰状と景品を渡しました。
五十音以外にも絵を描いてもらいましたが、絵の具で本気で描く生徒もいて、字よりも
絵がメインになっている生徒もいたり…。一番を決めるのはなかなか難しいですが字の
バランスが難しいようで、みんなが上手く書けない字で一番多いのが「え」。1画目を
あとから書く生徒が多いので、変な位置に書いてしまいバランスが悪くなってしまうという。
ほんとは正しい書き順を覚えてほしいのですが、今度はカタカナに入るのでなかなか難しい。
日本語を習っている生徒も多いので、一から習う生徒と比べてスタートラインが違うから
クラスの中でレベルの差があって、ベトナム人先生も授業を進めるのに苦労されています。
その後の6年生の授業で、教科書に載っている「いただきます」と「ごちそうさま」の話
のとき、生徒とベトナム人先生の意見が対立して生徒は絵の人物は手を合わせてお辞儀を
していると主張し、先生は手を合わせているだけで頭は下げませんって生徒に断言されて
いました。もちろん、最終的に私に意見を求められ、人によっても違うからお辞儀をしない
のは間違いではないし、年配の人や丁寧な人はお辞儀もしますと言いました。それを
ベトナム語で先生が伝えた瞬間、生徒たちはガッツポーズを取り、先生は敗北の表情。
ベトナムに来て日本人代表として発言するのは、こういうことかと実感しました。将来
生徒たちが日本に行くことがあれば、食事をする日本人を見て「あ〜これかっ。中学校の
教科書に載っていたやつ」って思ってくれたら、嬉しいな〜と思います。

                ベトナム・ダナン 水曜午後チューター 橘 昭子

 

【日本語チューター】クラス活動始まります

カテゴリ:



kaikan

2020kokoka日本語クラス

17日(火)からスタートです。


今年(ことし)も頑張(がんば)って日本語を勉強(べんきょう)しましょう。

そして日本(にほん)の暮(く)らしを楽(たの)しみましょう。


日本語学校



kokoka 日本語チューターブログチーム


[日本語チューター]お年玉(としだま)

カテゴリ:

           image1.jpegお年玉写真  

お正月(しょうがつ)には家族(かぞく)や友人(ゆうじん)たちと新年(しんねん)を祝(いわ)うために集(あつ)まる機会(きかい)がありますが、そのときにお祝いのお金(かね)や品物(しなもの)を贈(おく)る習慣(しゅうかん)があります。目上(めうえ)の人(ひと)に贈る場合(ばあい)を「お年賀(ねんが)」、目下(めした)の人特(とく)にこどもに贈るものを「お年玉」といいます。

「お年玉」というと現在(げんざい)はお金が一般的(いっぱんてき)ですが、もともとはお餅(もち)でした。日本(にほん)では、お正月というのは新年(しんねん)の神様(かみさま)「年神様」がわたしたちの家(いえ)におりてこられ、新(あたら)しい年の幸(しあわ)せや恵(めぐ)みを授(さず)けてくださると考(かんが)えられてきました。お正月の設(しつら)えとして門松(かどまつ)やお鏡(かがみ)餅をかざるのは、ここに年神様が宿(やど)られるとされてきたからです。こうしてわたしたちの家にこられた年神様からいただく一年分(いちねんぶん)の力(ちから)の象徴(しょうちょう)としてお餅を「お年魂(としだま)」として家長(かちょう)から家族(かぞく)にくばられました。そして時代(じだい)とともに現在ではお餅から現金(げんきん)へとかわっていきました。

お年玉のお金を入れる袋(ふくろ)を「ポチ袋」とよびますが、関西(かんさい)ではご祝儀(しゅうぎ)のことで、「少(すこ)しですが……」という意味(いみ)もこめられています。干支(えと)の絵柄(えがら)など「ポチ袋」のデザインもいろいろでお正月のおめでたさが感(かん)じられます。

こういったお正月〔きゅう)正月〕にこどもにお金などをあたえる風習(ふうしゅう)は日本だけでなくアジア諸国(しょこく)でもみられます。

 

kokoka日本語チューターブログチーム




【日本語チューター】京の歳時記

カテゴリ:
         2020年賀状

明けましておめでとうございます。

 旧年中はkokoka日本語チューターブログ者の皆さまから、温かい
お励まし
いただき誠にありがとうございました。心から感謝、お礼申し
あげます。諸外国
の日本語教育の貴重な報告もいただき、内容も多彩に
なりました。引き続き、
学習者の皆さんの館内外の活動や京都市内の
諸行事を紹介し、掲載記事の充実に
一層心がけてまいります。
 今年も引き続きご支援の程をお願いいたします。  

               kokoka日本チュブログチ

 

 伏人形は、我が国の土人形の元祖と言われるほど古い史があります。
昔から
荷に参に来た人がお土として買い求め、全国に、また
最近では外国から
のお客さんにも知られるようになりました。

 令和二年は「子:ね」の年です。「子」は、繁殖する・生むという意味
をもつ字
に由来しており、新しい生命が始まるという状態を表している
ので、十二支の最初
にきています。
 イラストでは、
(米)と書かれた金俵に繁栄のシンボル「子:ね」
ドッカと乗っかっています。

【日本語チューター】年末の日本の習慣

カテゴリ:
コラージュ年末

年末が近(ちか)づくと、とても慌(あわ)ただしい気分(きぶん)になります。

例(たと)えば、年賀状(ねんがじょう)は25日(にち)までに出(だ)して、休(やす)みの日(ひ)には台所(だいどころ)やふろ場(ば)などの水回(みずまわ)りや窓(まど)ガラスや門扉(もんぴ)の掃除(そうじ)・・・というふうに頭(あたま)の中(なか)でやるべきことのスケジュールがいっぱいになり、忙(いそが)しく感(かん)じます。何(なに)もしなくてもいいのですが、やはり新(あたら)しい年(とし)を気持(きも)ちよく迎(むか)える準備(じゅんび)をしたいという人(ひと)がたくさんいます。だいたい28日ごろまでに大掃除(おおそうじ)をすませ、次(つぎ)はお正月(しょうがつ)を迎える買い物(かいもの)です。

京都(きょうと)では暮(く)れの買い物は錦(にしき)市場(いちば)が有名(ゆうめい)ですが、お節(せち)料理(りょうり)の材料(ざいりょう)や、家族(かぞく)で食(た)べるなべ物(もの)の材料などなんでもそろうのが錦市場です。今(いま)は外国人(がいこくじん)観光客(かんこうきゃく)もたくさん訪(おとず)れ、イートインのスペースもあって錦の食材(しょくざい)の楽(たの)しみ方(かた)も様変(さまが)わりしているようです。

28日か30日には餅(もち)つきをします。ずっと京都に住んでいる方(かた)に聞(き)いたところによると、29日は「苦餅(くもち)」といって餅つきは避(さ)けるそうです。自宅(じたく)での餅つきはあまり行(おこな)われなくなりましたが、そのお家(うち)では、臼(うす)と杵(きね)で今も餅つきをしています。

餅つきも終(お)わり、30日までにしめ飾(かざ)りも整(ととの)え、お節料理もできて大晦日(おおみそか)です。

一年(いちねん)を振(ふ)り返(かえ)り、年越(としこ)しそばを食べ、除夜(じょや)の鐘(かね)をききます。年末の慌ただしさが終わり、ほっとできるひとときです。

何もしなくても新年(しんねん)は来(き)ますが、節目(ふしめ)として大切(たいせつ)にしてきた年末の行事の数々(かずかず)は、最良(さいりょう)のリフレッシュ法(ほう)かもしれません。新(あら)たな年を迎える心(こころ)の準備として、私(わたし)たちに謙虚(けんきょ)に日々(ひび)の生活(せいかつ)を大切にすることを思(おも)い起(お)こさせ、気持(きもち)も新たにしてくれるのです。


【ホッとチャット】12月21日(土)クリスマスおたのしみ会

カテゴリ:
blog-1912

12月21日(土曜日)、クリスマスお楽しみ会を開催しました。
イベントには子供たち35名(日本の方23名、外国の方12名)、保護者の方々35名(日本の方28名、
外国の方7名)、計70名の方が遊びに来てくれました。

午後2時、イベントスタート。
サンタさんの登場に子供たちは大はしゃぎ。
まずはサンタさんが「Dear santa」という絵本を子供たちに読んでくれました。
「クリスマスに特別なプレゼントが欲しい」という子供のリクエストに、サンタさんがプレゼ
ントを一生懸命考えるというストーリー。
「これはどうかな?」とサンタさんが絵本をめくる度、子供たちも一緒になってサンタさんの
問いかけに答えてくれました。

絵本の後は、サンドイッチやお菓子を食べながらの交流タイム。
サンタさんの所へも「サンタさんはどこから来たの?」「サンタさんの好きな食べ物は何?」
と子供たちが色々質問に来てくれました。
次は、体を動かしてのゲームタイム。
ダンボールのソリに乗って皆で楽しく遊びました。
そして「ジングルベル♫」をサンタさんと一緒に歌ったり、音楽に合わせてダンスをしたりし
ました。

最後は、お待ちかねのプレゼントタイム。
子供たちは行儀良く一列に並んで、サンタさんからお菓子のプレゼントをもらいました。
素敵なプレゼントに子供たちも笑顔いっぱい。
皆でサンタさんと写真を撮って楽しいクリスマス会は終了しました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
次回は2月1日(土曜日)、「お茶会と節分」です。
ぜひ遊びに来てくださいね!(事前申し込みが必要です)

このページのトップヘ

見出し画像
×