【日本語チューター】ベトナム便り -1- きれいな字コンテスト 

カテゴリ:

橘 写真合成2 トリミング

 こちらに来て約3か月。12月に入りダナンは朝晩涼しくなってきました。感覚としては
日本の10 月くらいの気候、もうすぐクリスマスです。街角で飾り付けをしているお店は
ありますが、日本みたいにイベントとして派手に楽しむようなものでもないようです。
 9月から日本語を習い始めた6年生は、少し前にひらがなの書き方を全部終えました。
6年生は3クラス受け持っていますが、それぞれのクラスでコンテストをやりました。
きれいな字が書けた生徒3名を発表して前に出てもらって表彰状と景品を渡しました。
五十音以外にも絵を描いてもらいましたが、絵の具で本気で描く生徒もいて、字よりも
絵がメインになっている生徒もいたり…。一番を決めるのはなかなか難しいですが字の
バランスが難しいようで、みんなが上手く書けない字で一番多いのが「え」。1画目を
あとから書く生徒が多いので、変な位置に書いてしまいバランスが悪くなってしまうという。
ほんとは正しい書き順を覚えてほしいのですが、今度はカタカナに入るのでなかなか難しい。
日本語を習っている生徒も多いので、一から習う生徒と比べてスタートラインが違うから
クラスの中でレベルの差があって、ベトナム人先生も授業を進めるのに苦労されています。
その後の6年生の授業で、教科書に載っている「いただきます」と「ごちそうさま」の話
のとき、生徒とベトナム人先生の意見が対立して生徒は絵の人物は手を合わせてお辞儀を
していると主張し、先生は手を合わせているだけで頭は下げませんって生徒に断言されて
いました。もちろん、最終的に私に意見を求められ、人によっても違うからお辞儀をしない
のは間違いではないし、年配の人や丁寧な人はお辞儀もしますと言いました。それを
ベトナム語で先生が伝えた瞬間、生徒たちはガッツポーズを取り、先生は敗北の表情。
ベトナムに来て日本人代表として発言するのは、こういうことかと実感しました。将来
生徒たちが日本に行くことがあれば、食事をする日本人を見て「あ〜これかっ。中学校の
教科書に載っていたやつ」って思ってくれたら、嬉しいな〜と思います。

                ベトナム・ダナン 水曜午後チューター 橘 昭子

 

【日本語チューター】クラス活動始まります

カテゴリ:



kaikan

2020kokoka日本語クラス

17日(火)からスタートです。


今年(ことし)も頑張(がんば)って日本語を勉強(べんきょう)しましょう。

そして日本(にほん)の暮(く)らしを楽(たの)しみましょう。


日本語学校



kokoka 日本語チューターブログチーム


[日本語チューター]お年玉(としだま)

カテゴリ:

           image1.jpegお年玉写真  

お正月(しょうがつ)には家族(かぞく)や友人(ゆうじん)たちと新年(しんねん)を祝(いわ)うために集(あつ)まる機会(きかい)がありますが、そのときにお祝いのお金(かね)や品物(しなもの)を贈(おく)る習慣(しゅうかん)があります。目上(めうえ)の人(ひと)に贈る場合(ばあい)を「お年賀(ねんが)」、目下(めした)の人特(とく)にこどもに贈るものを「お年玉」といいます。

「お年玉」というと現在(げんざい)はお金が一般的(いっぱんてき)ですが、もともとはお餅(もち)でした。日本(にほん)では、お正月というのは新年(しんねん)の神様(かみさま)「年神様」がわたしたちの家(いえ)におりてこられ、新(あたら)しい年の幸(しあわ)せや恵(めぐ)みを授(さず)けてくださると考(かんが)えられてきました。お正月の設(しつら)えとして門松(かどまつ)やお鏡(かがみ)餅をかざるのは、ここに年神様が宿(やど)られるとされてきたからです。こうしてわたしたちの家にこられた年神様からいただく一年分(いちねんぶん)の力(ちから)の象徴(しょうちょう)としてお餅を「お年魂(としだま)」として家長(かちょう)から家族(かぞく)にくばられました。そして時代(じだい)とともに現在ではお餅から現金(げんきん)へとかわっていきました。

お年玉のお金を入れる袋(ふくろ)を「ポチ袋」とよびますが、関西(かんさい)ではご祝儀(しゅうぎ)のことで、「少(すこ)しですが……」という意味(いみ)もこめられています。干支(えと)の絵柄(えがら)など「ポチ袋」のデザインもいろいろでお正月のおめでたさが感(かん)じられます。

こういったお正月〔きゅう)正月〕にこどもにお金などをあたえる風習(ふうしゅう)は日本だけでなくアジア諸国(しょこく)でもみられます。

 

kokoka日本語チューターブログチーム




【日本語チューター】京の歳時記

カテゴリ:
         2020年賀状

明けましておめでとうございます。

 旧年中はkokoka日本語チューターブログ者の皆さまから、温かい
お励まし
いただき誠にありがとうございました。心から感謝、お礼申し
あげます。諸外国
の日本語教育の貴重な報告もいただき、内容も多彩に
なりました。引き続き、
学習者の皆さんの館内外の活動や京都市内の
諸行事を紹介し、掲載記事の充実に
一層心がけてまいります。
 今年も引き続きご支援の程をお願いいたします。  

               kokoka日本チュブログチ

 

 伏人形は、我が国の土人形の元祖と言われるほど古い史があります。
昔から
荷に参に来た人がお土として買い求め、全国に、また
最近では外国から
のお客さんにも知られるようになりました。

 令和二年は「子:ね」の年です。「子」は、繁殖する・生むという意味
をもつ字
に由来しており、新しい生命が始まるという状態を表している
ので、十二支の最初
にきています。
 イラストでは、
(米)と書かれた金俵に繁栄のシンボル「子:ね」
ドッカと乗っかっています。

【日本語チューター】年末の日本の習慣

カテゴリ:
コラージュ年末

年末が近(ちか)づくと、とても慌(あわ)ただしい気分(きぶん)になります。

例(たと)えば、年賀状(ねんがじょう)は25日(にち)までに出(だ)して、休(やす)みの日(ひ)には台所(だいどころ)やふろ場(ば)などの水回(みずまわ)りや窓(まど)ガラスや門扉(もんぴ)の掃除(そうじ)・・・というふうに頭(あたま)の中(なか)でやるべきことのスケジュールがいっぱいになり、忙(いそが)しく感(かん)じます。何(なに)もしなくてもいいのですが、やはり新(あたら)しい年(とし)を気持(きも)ちよく迎(むか)える準備(じゅんび)をしたいという人(ひと)がたくさんいます。だいたい28日ごろまでに大掃除(おおそうじ)をすませ、次(つぎ)はお正月(しょうがつ)を迎える買い物(かいもの)です。

京都(きょうと)では暮(く)れの買い物は錦(にしき)市場(いちば)が有名(ゆうめい)ですが、お節(せち)料理(りょうり)の材料(ざいりょう)や、家族(かぞく)で食(た)べるなべ物(もの)の材料などなんでもそろうのが錦市場です。今(いま)は外国人(がいこくじん)観光客(かんこうきゃく)もたくさん訪(おとず)れ、イートインのスペースもあって錦の食材(しょくざい)の楽(たの)しみ方(かた)も様変(さまが)わりしているようです。

28日か30日には餅(もち)つきをします。ずっと京都に住んでいる方(かた)に聞(き)いたところによると、29日は「苦餅(くもち)」といって餅つきは避(さ)けるそうです。自宅(じたく)での餅つきはあまり行(おこな)われなくなりましたが、そのお家(うち)では、臼(うす)と杵(きね)で今も餅つきをしています。

餅つきも終(お)わり、30日までにしめ飾(かざ)りも整(ととの)え、お節料理もできて大晦日(おおみそか)です。

一年(いちねん)を振(ふ)り返(かえ)り、年越(としこ)しそばを食べ、除夜(じょや)の鐘(かね)をききます。年末の慌ただしさが終わり、ほっとできるひとときです。

何もしなくても新年(しんねん)は来(き)ますが、節目(ふしめ)として大切(たいせつ)にしてきた年末の行事の数々(かずかず)は、最良(さいりょう)のリフレッシュ法(ほう)かもしれません。新(あら)たな年を迎える心(こころ)の準備として、私(わたし)たちに謙虚(けんきょ)に日々(ひび)の生活(せいかつ)を大切にすることを思(おも)い起(お)こさせ、気持(きもち)も新たにしてくれるのです。


【ホッとチャット】12月21日(土)クリスマスおたのしみ会

カテゴリ:
blog-1912

12月21日(土曜日)、クリスマスお楽しみ会を開催しました。
イベントには子供たち35名(日本の方23名、外国の方12名)、保護者の方々35名(日本の方28名、
外国の方7名)、計70名の方が遊びに来てくれました。

午後2時、イベントスタート。
サンタさんの登場に子供たちは大はしゃぎ。
まずはサンタさんが「Dear santa」という絵本を子供たちに読んでくれました。
「クリスマスに特別なプレゼントが欲しい」という子供のリクエストに、サンタさんがプレゼ
ントを一生懸命考えるというストーリー。
「これはどうかな?」とサンタさんが絵本をめくる度、子供たちも一緒になってサンタさんの
問いかけに答えてくれました。

絵本の後は、サンドイッチやお菓子を食べながらの交流タイム。
サンタさんの所へも「サンタさんはどこから来たの?」「サンタさんの好きな食べ物は何?」
と子供たちが色々質問に来てくれました。
次は、体を動かしてのゲームタイム。
ダンボールのソリに乗って皆で楽しく遊びました。
そして「ジングルベル♫」をサンタさんと一緒に歌ったり、音楽に合わせてダンスをしたりし
ました。

最後は、お待ちかねのプレゼントタイム。
子供たちは行儀良く一列に並んで、サンタさんからお菓子のプレゼントをもらいました。
素敵なプレゼントに子供たちも笑顔いっぱい。
皆でサンタさんと写真を撮って楽しいクリスマス会は終了しました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
次回は2月1日(土曜日)、「お茶会と節分」です。
ぜひ遊びに来てくださいね!(事前申し込みが必要です)

【京都案内倶楽部】森へ行こう!

カテゴリ:
0043_xlarge
12/8 待望の「森へ行こう」が実施されました。
昨年は雨だったので中止となり、やむなくあきらめたことを思い出しました。
こんな貴重な体験を、もっと暖かい時期に…と思いましたが、スズメバチ対策と聞いて納得しました。今年は程よいお天気に感謝!

伏見にある「桃陽病院」の裏手に、森の樹木を保護・整備しつつ、一般の人々が自然を楽しめる工夫を重ねておられる「みどりの会」のボランティアのお世話になりました。

まずはベテラン隊長F氏の計画に基づき、森の散策。
まあ、いま民家のそばを通って上がって来たのに!
こんな近いところに森があるなんて考えられず、サバイバルの練習には持ってこいだと思いました。
椎茸が栽培されていたり、まっ赤になった野イチゴを摘んだり食べたり、一番びっくりしたのは、土の中のカブトムシの幼虫を見せてもらったこと! 沢山の落葉の上を踏んで歩き回りました。
 
次は力仕事で、大きな倒木を斧で割って薪づくり。
なかなかの体力と集中力が必要なことが分かり、怪我をしないように正しい姿勢で立ち向かう大切さを学びました。自分の腕力を試す良いチャンスでした。

昼ご飯の時間になり、メンバーにより用意された「サバイバルランチ」。とは言え栄養満点、具だくさんの味噌汁とでっかいおにぎりをほおばって楽しみました。
さらにデザート?熾火で作った焼き芋もいただきながら、大きなカリンや夏みかん狩りに熱中するグループもあり、秋の終わりの紅葉も充分に楽しみました。

すっかりお腹も満足させて、北堀公園へ出発。伏見城の裏手から昔の足跡をたどりつつ、ゆっくり散策、伏見城本丸の悠々とした姿を間近に見ることができました。いつもはるか遠くに電車から小さく見るのと違って天守閣と二つ並んだ姿に「ええっ!」と驚きました。

ここで大切なアンケートを参加者の皆さんにお願いしました。

後はゆっくり丹波橋駅へ向かい、終わりの挨拶と2月の予告「2月11日(Feb. 11)Walking on the fire?火わたりの行」で終わりました。

これは余談ですが、今回もっとも印象的だったのは、二次会の喫茶店で聞いた、V氏の日本でのサバイバル生活です。彼のように日本で暮らす外国人の生活がどんなふうか良くわかりました。彼がツアーの中で、火起こし方法を熱心に説明される姿は、彼の日常を物語っていたんだということを理解しました。今回のツアーを通して、kokokaの一端を担うKGCの役割を実感しました。

貴重な体験をありがとうございました。

【日本語チューター】全国高校駅伝

カテゴリ:
        2019.12.22 高校駅伝男子スタート直後


 

 全国高等学校駅伝競走大会(男子第70回 女子第31回)が令和元年1222日(日)
に開催されました。スタートとフィニッシュは、たけびしスタジアム京都 (西京極
総合運動公園陸上競技場)、走る距離は男子42.195km(7区間)、女子21.097km
(5区間)です。男子は第70回記念大会のため、各都道府県の代表47校に加え、
各地区の代表校11校の合計58校が参加しました。


 本駅伝は、これまではテレビで観ていましたが、昨年は初めて沿道で応援いたし
ました。郷里の代表校選手がすぐ目の前を走りすぎるとき、高校名を叫んで
「頑張れ!」と叫ぶと、選手の顔が一瞬こちらを向き目が合いました。どの選手の
ひたむきな姿に胸が熱くしましたので、今年は初めてスタジアムで観戦した次第
です。


 到着時は、女子選手がスタートしたあと、各中継点に向かう男子選手が区間
毎に紹介されているときで、この場面は初めて見ました(テレビで放映されること
はなかったと思います)。
程なく女子選手が競技場に戻ってきましたが、トラック
の中でも一つでも順位を上げよう、また少しでも良いタイムでゴールしようという
意気込みで、皆最後まで力走していました。47校目の選手には、ひときわ大きな
拍手が湧きました。


 男子選手のスタート(写真)に声援を送った後、選手の中から様々な駅伝や
オリンピックでも活躍する選手が出てくることを念じながら、競技場を離れました。
寒さが堪えたので、後は自宅でテレビ観戦でした。

 「kokoka 日本語チューターブログ」201812月3日掲載の「師走(しわす)
の京都— 走(はし)るのは・・・?」
も是非合わせてお読みください。

                〈kokoka 日本語チューターブログチーム〉

【日本語チューター】神戸に行きました。

カテゴリ:
              IMG_7521
 
先週末、友達と神戸に遊びに行きました。
京都と近いから、一時間ぐらいで到着しました。神戸港に行って、夜景を見るためにタワーに上りました。すばらしい風景を見たから、うれしかった。次の日はまず生田神社に行って、にしむら珈琲で昼ご飯を食べて、萌黄の館と風見鶏の館に行きました。本来は神戸ハーブ園に行くつもりがあるけど、時間がちょっと足りないから、残念だけど行かなくて京都に帰りました。一泊二日の旅行は本当に楽しかったと思います。
リン・ウ・エン

【日本語チューター】韓国講座の受講感想文

カテゴリ:
無題

kokokaに登録しているボランティアを対象とした10回シリーズの人材育成講座「韓国講座」を受講しました。

 大変すばらしい講座でした。
 ハングルの読み方の他、受けてみたら、韓国語というより韓国の
文化、生活などいろいろな話が聞けて興味が尽きませんでした。

韓国では目上の人とお酒を飲むときは面と向かっては飲まない。
 たとえお父さんと飲むときで
もちょっと横を向いて飲む。
 韓国人は「ケンチャナ」という言葉をよく使う。「大丈夫。平気、
平気」という意味。
 例えば友人が約束に遅れてきても、また自分が何か失敗した時も笑って「ケ
ンチャナ」というそうだ。
 私が思っていた韓国人気質とは違った。

家族の集まりと言えば、バス数台で集まる大家族の集会が今でも行われている。
 それから美味
しい食べ物の話はいっぱい。

現在の日韓関係については歴史や多くの事実を判断材料として客観的に紹介していただいた。

 10回中、2回はブラジル講座とウクライナ講座でした。
 両方とも大変面白かった。
 韓国、ブラ
ジル、ウクライナ共に、その国出身のkokokaの職員の方がしてくださいました。
 6月から11月
にかけて土曜の午後kokoka3階であり、kokokaのボランティアは無料でした。
 講座の終わった後2階の図書・資料
室に関連の書物が展示されています。
 とても良かった。


 日本語チューター  森吉彦


このページのトップヘ

見出し画像
×