【ホッとチャット】4月6日(土)世界を知ろう チェコ

カテゴリ:
hotchat-blog201904

 

満開の桜のなか、外国の方も日本の方も

たくさん参加していただきました。

 

今回のゲストはチェコから来られたふたりの若者です。

 

チェコの街の風景などを写真で紹介してくれました。

とてもきれいでした。

 

ふたりの「1,2,3,…10」のかけ声(チェコ語)で、

子どもたちはおもちゃを片付けました。

そして、自然と絵本の前に集まってきました。

 

やがて、絵本の読み聞かせがはじまりました。

子どもたちは、じっと絵本に見入っていました。

 

それから、ジャンケンゲーム。

チェコ語で「ジャンケンポン」を教えてもらい、

おとなも子どももスタッフも、みんなで、

 

「ジャンケンポン」

大盛り上がりでした。

 

その後は、あちこちで、また、ゲストもその中に入って、

にぎやかなおしゃべりの花が咲いていました。

 

とてもなごやかで、楽しいひとときでした。

 

次回は2019518日(土)春の遠足 植物園です。

お楽しみに!


ジェネレーションギャップを埋めるために

カテゴリ:
801632

上司: 「あなたの世代は。。。努力ができない。



若者:「ええ、どういうこと? そう言えば、あなたはいつも『ああ、もっと若い時に、仕事も生活も楽しめたら良かったのに。。。』とばかりに嘆いていますよね。」



上司:「うるさいわ!まだ仕事の経験がないくせに! ところで、どんな仕事をしたいの?
パソコンを持って行くだけで、あっちこっち旅行しながらでも、仕事ができると思っているの?」



若者:「まー、一日中、オフィスに座ったままで、時間を無駄にするつもりはないけどね。」



   こういう口げんかは一世代前の上司達と現代の若者達との間で、しょっちゅう起こっているよね。世界が急速に変化している中で、ジェネレーションギャップができてしまって、世代が違う人達は、全く違う世界から来ているとお互いに感じている。しかし、ジェネレーションギャップを強く感じているのは、どっちの側も相手側の人達を理解しようとしていないからだ。仕事の細かいところまで上司と若者の間で摩擦を感じる必要はないだろう。こんな状況ではもっと大きな社会問題の解決策も見つからないからだ。

   世界中を見ると、一世代前の上司達が世界を指導しているようだ。時代遅れの考え方をしっかり守ろうとしている上司もいる。その上司達が支配している世界に私達若者は今から入ろうとしている。ジェネレーションギャップをほっといて、一緒に努力しなければならない。そのためにまず、私達若者は上司達がどこから来たのか、どんな経験をしてきたのか、ということを考えてみたらいいと思う。

   実際にジェネレーションギャップを埋めるために、若者と上司達が相手の立場を理解して
、価値観の共通したところを見つける必要があると思う。そして、同僚との関係を深める方法を探したらいいと思う。例えば、上の世代の人達は、世代が違うだからこそ、異なる技術と知識を持っている。私達はそこから学んだらいい。先輩達はテクノロジーは苦手かもしれないが、世の中の様々なシステムに詳しいとか、人とのコミュニケーションも得意かもしれない。私達はそれを利用したらいい。経験があるからこそ言えることには価値がある。私達はもっと先輩達から聞いたらいい。もし若者達が積極的に指導者となってくれる先輩を探したら、お互いに学べるし、相互理解につながるのだろう。結局は、職場での関係が良くなるにつれて仕事も滑らかに進むようになる。

   世界はますます急速に変化しているからこそ、世代を超えて協力しないと皆がその変化についていけないだろう。ジェネレーションギャップが妨げになっている間にも、世界の変化は進む一方だ。今よりも将来の社会問題と戦うために、皆の異なる能力を利用しないといけない。上の世代からの考え方、技術、経験を下の世代が受け入れようとたら、もっと世界の変化を予測できるかもしれない。そうすれば、皆でその変化についていけるだろう。


                             ケイリー カン



【京都案内倶楽部】絹・絹・絹 絹の世界

カテゴリ:
IMG_4071(2)
IMG_4088
4/7午後、嵐電四条大宮駅に集合し、宇多野にある伊豆蔵明彦氏の工房兼アトリエである「絲藝館(しげいかん)ワクムスビ」を訪れました。ワクムスビとは日本書紀に出てくる神様の名前で、神話ではその神様から蚕、桑、五穀が生まれたとされているそうです。

館内には草木染で染められた絹糸、ドレス、ストール、1万匹の繭から作られた球、引き延ばした繭から作られた球形の茶室などが展示されていました。ツアー企画者が伊豆蔵氏の経歴、芸術の特色などについて紹介し、制作風景と海外展覧会のビデオを見ました。

その中で5つの特色が上げられていました。

①草木染:雨水を使用、他のエネルギーを使わず太陽の熱だけで染める
②織る:西陣織を家業とする家に生まれ、彼の芸術の原点である
③組む:織物から広がり、組み紐技法を使って立体的な作品を作る。
④網む:編むのではない。フィンランドの漁網が魚にダメージを与えない作りであることに気づき、ほぼすべての人にフィットするドレスを作る
⑤絡める:現在一番熱心に研究され、その技法が展示の茶室の壁にも使われている。

その後、展示品の前でご本人から説明を聞き、屋外では雨水をためているところや染めの材料を見せてもらいました。滞在の間、作品の美しさや芸術への強い追究心に参加者たちの感嘆の声がたびたび上がりました。質問にも丁寧に答えて下さり、自然に拘る美しい作品に囲まれ、おいしいお茶を頂き、終始優しい時間が流れる中でツアーを終えました。

 My journey to learn Japanese わたしの日本ごをまなぶたび

カテゴリ:
image1

わたしは、6か月日本にすんでいます。日本ごのべんきょうは、かんたんなことではありません。ふくざつな文ぽうがたくさんあります。かんじは、わたしのようながいこく人にとっては、ただのじごくです。
わたしは、さいしょのすうか月どこからはじめればわかりませんでした。
それから、日本ごのクラスにしゅっせきしました。それは、わたしがはじめるところへみちびきました。
ボランティアルームのやさしい日本ご12へいきました。ほんとうにたすかりました。
わたしは、ノートにすべてのレッスンをかきました。コンピュータでべんきょうすることができます。でも、きがちります。
わたしは、かんたんなことばからはじめました。日本ごのどうし、けいようし、めいし、そしてどうしのconjugation(かつよう)をまなびました。まいにち、日本ごはつかいます。じしんがつきました。
すうか月べんきょうしたあと、日本人とはなすことができます。まいにちべんきょうしました。
よいコミュニケーションのためにことばをつかうことが、日本ごをはやくべんきょうするためのこつです。
わたしのおすすめは、30ぷんごとにきゅうけいをとることです。そのため、のうがやすむことができます。

がいこく人がこれをよんでいるなら、あきらめないでください。そして、がんばってください。

ジョージ



日曜日の朝、新しいクラスができます。

カテゴリ:

yjimage04ORS48Y 日曜クラス画像
kokoka
日本語クラスに、日曜日の朝、新しく「特別日本語クラス」ができました。


この「特別日本語クラス」では、小学生以上の人々が勉強でき、

小さい子どもを連れてくるお母さん、お父さんも学習できます。
時間は、朝1030から1200までです。

http://www.kcif.or.jp/web/jp/classes/japaneseclasses/

楽しい1日

カテゴリ:

1
2
3
4

きょうは、ほんとうに楽しい1日でした。それは初めて国際交流会館の茶道教室に参加したからです。

きょうの朝、出町柳から京阪電車に乗って三条で地下鉄に乗り換えて、地下鉄を降りたとき、周りには南禅寺です。風景はなかなかきれいだった。たくさん写真を撮ったから、とてもうれしかったです。

茶道クラスに着いた。先生は茶道の基本的な方法を教え始めました。まず右手でおちゃわんを取って左手に載せます。次におちゃわんを2回回して、それから飲みました。最後先生と一緒に写真を撮りました。

茶道の作り方は少し複雑だったですが、いい日本の文化を体験しました。チャンスがあったら、また茶道教室に参加したいと思いました。

 

ライ ルカ

任期満了者の一言

カテゴリ:

1415313送別会

恒例のチューター交流会が、
323日に開催され、楽しく有意義なひとときとなりました。今年は任期満了の方々が十数名おられましたが、今回は水曜午前クラスので10年の任期満了されました渡辺さんのご挨拶をご紹介いたします。

 任期満了でチューターを退任する事は、寂しいのと嬉しいのと両方です。10年と言えば、一昔ですが、そんなに長かったかな、10年前は何をしてたかな、などと思い出しています。
 嬉しかったことは、学習者と接して、知らない国を旅した気分を味わえたこと、そして他の国の言葉を学びたい気持ちが強くなったりしたこと。
 また、自身の教え方は昨日より今日の方がよくなっているかな、と反省しつつ、学習者の質問に答えられない時には帰宅してから調べたり、と、脳が鍛えられてるのを実感できました。
 近所の人から、若いね、と言われたりすると、この活動のお陰かも、などと感じます。サラリーマン時代には自宅と職場の往復だけだったのが、kokokaでチューターのボランティアをするようになって、地域の中のボランティア活動もできるようになり、近所付き合いが苦にならなくなったことも大きなことです。
 居心地よく10年を過ごさせていただいたチューターの皆さん、特に水曜午前のチームの皆さん、ありがとうございました。また、kokokaの職員の方々にもお礼申し上げます。


kokoka日本語クラス春休(はるやす)みのお知らせ

カテゴリ:

IMG_20180401_150412
4月2日の火曜日(かようび)から7日の日曜日(にちようび)まで、
kokoka日本語(にほんご)クラスはお休(やす)みです。4月の日本語クラスは9日の火曜日から始(はじ)まります。
kokoka
日本語クラスは休(やす)みですが、kokokaは開(あ)いています。
kokoka
周辺(しゅうへん)は桜(さくら)がきれいです。今年(ことし)の満開(まんかい)時期(じき)は4月4日頃(ごろ)なるそうです。

クラスがなくても遊(あそ)びにきてくださいね。

kokoka
日本語チューターブログチーム

木曜午前のクラス紹介

カテゴリ:
20190314木曜午前クラスの写真

私たちのクラスには12名のチューターが在籍しています。

さて、木曜日午前の90分を紹介します。

まず、日本語レベルを把握するため、簡単な自己紹介を学習者さんにしてもらいます。ウォーミングアップの「トピックス」では、簡単な日本語文法から京の文化・行事、折り紙、伝言ゲーム等多彩な内容で、学習者さんの興味関心をぐっと引き付けています。本題の学習では学習者さんのレベルに合わせた内容で対応します。資料・テキスト、地図、チラシ、絵カード等様々なツールを活用します。

上級者向けには日本の歴史や文化などを教材にして対応できるチューターもおり、大変心強いです。このレベルの話は日本人の私たちが聞いても、勉強になります。

「切実に日本語を勉強したい」と思っている外国人がとても多いと昨今実感しています。

外国人をサポートしたいと思っているあなた、交流したいけどチャンスがないと思っているあなた、是非木曜日午前クラスのドアをたたいてください。皆であなたをお待ちしています。

このページのトップヘ

見出し画像
×